工学研究科 教育研究上の目的と基本方針

工学研究科
人材の育成に関する目的その他の教育研究上の目的

工学の分野において社会および産業の動向に対応しうる柔軟性と新しい領域を開拓する創造性を持ち、国際性豊かな専門技術者、研究者を養成する。

(1) 博士前期課程
ア 機械・電子システム工学専攻
機械・電子システム工学分野において根幹となる知識および技術を身につけ、急速な技術の進展に柔軟な対応ができ、新たなシステムを構築しうる人材を養成する。
イ 情報・デザイン工学専攻
情報・デザイン工学分野における専門知識と問題解決能力を身につけ、新たな社会価値を提案し実現できる人材を養成する。

(2) 博士後期課程
機械・電子システム工学専攻
機械・電子システム工学分野において根幹となる専門知識と技術を身につけ、科学技術の進展の中で新たな課題を発見し、自立して研究分野を開拓しうる人材を養成する。
情報・デザイン工学専攻
情報・デザイン工学分野における専門知識と問題解決能力を基に独創的な研究活動ができる人材を養成する。

工学研究科
博士前期・後期課程に関する3つの基本方針

入学者受け入れの方針[アドミッション・ポリシー]

工学研究科では、急速に進展する社会および産業の動向に対応しうる柔軟性と新しい領域を開拓できる創造性を持ち、グローバルな視野で科学技術上の問題を判断できる国際性豊かな高度の専門技術者、ならびに研究者の養成を教育目標としています。
工学研究科においては「人間の暮らしをより豊かで快適なものにする」ことを目指して、これまでに学んだ工学の基礎をもとに、それぞれの分野においてより高度な専門的知識ならびに技術を深めるとともに、国際的なセンスと行動力を身につけたいという高い志を持った人を受け入れます。

(1) 機械・電子システム工学専攻
専門分野に関する知識や技術を修得するために必要となる基礎学力を備えるとともに、急速に進展する科学技術に興味をもち、機械や電気・電子の広い範囲にわたって学修し、研究する意欲を持った人や、機械と電気のさらなる融合を目指してシステム開発や研究する意欲を持った人を広く受け入れます。

(2)情報・デザイン工学専攻
革新的技術等によって社会構造や生活スタイルが大きく変革し続ける中で、カタチあるものないものといった境界型思考に囚われず、複雑化する情報を工学面とデザイン面から捉え、豊かな社会生活として還元するための発想力と具現化能力の獲得と、それに必要な専門的知識と技術の獲得に対する高い志と適性を持った人を広く受け入れます。

教育課程編成・実施の方針[カリキュラム・ポリシー]

工学研究科では、社会の変化や産業の動向に応じて、急速な進展を見せる科学技術に柔軟に対応しうる基礎知識を授けるとともに現代の科学技術を検証し、新しい局面を開きうる創造性とグローバルな視野で科学技術上の問題を判断できる国際性豊かな研究者およびエンジニア、クリエイターを養成するためのカリキュラムを提供します。
そのため、各専攻において専門分野ごとにいくつかの科目を配置し、自分の専攻分野を中心に専門性が広げられるようなカリキュラムとなっています。
また、各専門分野をより深く学ぶため指導教授の下で研究を行い、博士前期課程においては修士論文、博士後期課程においては博士論文を作成します。

(1) 機械・電子システム工学専攻
自身の研究分野の科目を深く学ぶと同時に、機械工学、電気・電子工学ならびにコンピュータ関連分野についても幅広く学べるカリキュラムを提供します。総合的な視野を広げることで各科目で学んだ内容を有機的につなげる柔軟性を身につけ、急速に進展する科学技術における問題解決のために最適なシステムを構築する能力の獲得を目指します。
また、修士論文・博士論文において、専門性を深めるとともに幅広い知見を得た研究となるように指導します。

(2) 情報・デザイン工学専攻
急速な進展を見せる社会に情報・デザインの専門知識・技術をもって新たな提案ができる能力と、実現において発生する諸問題に対応できる能力を養成するために、情報科学、情報工学、感性情報システム、生活環境システムのいずれかの分野を軸として専門的に学びつつ、広く他分野の知識や技術を修得できるカリキュラムを提供します。
また、修士論文・博士論文において、専門性を深めるとともに幅広い知見を得た研究となるように指導を行います。

学位授与の方針[ディプロマ・ポリシー]

工学研究科では、工学の分野において社会および産業の動向に対応しうる柔軟性と新しい領域を開拓する創造性と国際性を涵養し、もって高度の科学技術の進展に貢献できる者に対して学位を授与します。
博士前期課程においては、所定の年限以上在籍し、所定の授業科目について30 単位以上修得し、必要な研究指導を受けたうえ、修士論文の審査および最終試験に合格した者に学位を授与します。
博士後期課程においては、所定の年限以上在籍し、研究成果を論文等により外部へ発表し、博士論文の審査と併せて外国語の試験に合格した者に学位を授与します。

(1)機械・電子システム工学専攻
機械システム工学ならびに電子システム工学の専門知識と技術を習得し、新たな技術的課題に対して、専門を中心とした幅広い知識を有機的に集約して解決し、最適なシステムを構築する能力を習得できたかを評価します。
博士前期課程においては、所定の単位を修得し、専門分野における社会的要請を学術的に捉え、その解決へのプロセスを習得できたことを修士論文作成で示し、審査会において合格した者に学位を授与します。
博士後期課程においては、専門分野における社会的要請を学術的に捉えて研究し、独創的な知見に立った成果を学術雑誌に論文発表する等、第三者機関における評価を得たうえで、博士論文として作成し、審査会において合格するとともに、外国語の試験に合格した者に学位を授与します。

(2)情報・デザイン工学専攻
情報・デザインの専門知識・技術をもって新たな提案ができる能力と、実現において発生する諸問題に対応できる能力を評価します。
博士前期課程においては、所定の単位を修得し、専門分野を学術的に捉えるテーマとそのプロセスを修得できたことを示す修士論文を作成し、審査会において合格した者に学位を授与します。
博士後期課程においては、専門分野を学術的に捉えるテーマにおいて、独創的な知見に立った研究成果を学術雑誌に論文発表する、第三者機関における評価を得たうえで、博士論文として作成し、審査会において合格すると共に、外国語の試験に合格した者に学位を授与します。