国際協力学研究科 教育研究上の目的と基本方針

国際協力学研究科
人材の育成に関する目的その他の教育研究上の目的

国際開発と安全保障を連携・相補する分野において自立した研究活動を行う研究者、並びに高度の専門的知識・能力を身につけた専門的職業人をさまざまな分野へおくりだす。

(1)国際開発専攻
国際開発の理論と実証の訓練を通して、国際開発政策・事業で求められる専門知識と実践能力を涵養する。博士後期課程においては、博士学位に相応しい高度な専門訓練を踏まえて、国際開発分野での指導者を育成する。

(2)安全保障専攻
安全保障の理論・方法論を学び、学術的・実務的貢献を為し得る専門性を育成する。博士後期課程においては、更に高度な分析力・論理構成力を兼ね備えた博士学位に相応しい専門家の育成を目指すものとする。

国際協力学研究科
修士・博士課程に関する3つの基本方針

入学者受け入れの方針[アドミッション・ポリシー]

国際協力学とは21世紀において目指すべき国際協力のフロンティア、すなわち地域研究をベースとした国際開発学と安全保障研究との連携・融合を目指す新たな分野の学問として位置付けられます。
本研究科では、大学で社会科学・人文科学・自然科学・工学・語学などの分野で専門知識を修めたうえで、国際協力学の分野において国際社会の平和と発展のために経済社会開発・貧困削減・福利と福祉向上・環境保全・安全保障・紛争の予防と解決・国際理解促進などに積極的かつ実践的に貢献することを志向する人材を、広く内外の新卒学生および社会人から求めます。

教育課程編成・実施の方針[カリキュラム・ポリシー]

国際協力学研究科は、国際開発と安全保障を相補的な関係としてこれらの連携・融合を図り、理論化・体系化のための学問探究を行い、国際協力の分野における研究者ならびに高度の知識を持つ専門的職業人の養成に必要な科目を用意します。
国際開発専攻においては、経済開発分野の主要事項を理論・政策として修得する科目群、即ち経済開発科目群と、それらの事項を各地域の実情に即して修得する科目群、即ち地域研究A科目群を用意します。
安全保障専攻においては、安全保障分野の主要項目を理論・政策として修得する科目群、即ち安全保障・危機管理科目群と、それらの事項を各地域に実情に即して修得する科目群、即ち地域研究B科目群を用意します。なお、平成25年度から地域研究を幅広く研究する目的のために地域研究A、Bの修得は専攻により制限しません。
さらに、博士前期課程においては、上記4つの科目群に加えて、国際協力学の研究と実践に不可欠でかつ国際開発専攻と安全保障専攻の何れからでも修得できる共通科目群、即ち両専攻共通科目群を配します。
博士後期課程においては、より高度で専門分野を深く追求する科目群を専攻別に設けます。

学位授与の方針[ディプロマ・ポリシー]

国際協力学研究科では、国際協力分野での実務および研究を遂行するうえで求められる専門知識と能力を修得したものに学位を授与します。博士前期課程においては、地域研究能力をベースに、開発過程の分析、開発手法の修得、あるいは安全保障・危機管理や環境保全をも含む総合的な知識と分析能力、さらには戦略的アプローチに基づく企画立案能力、国際協力を具体的な問題として考究し実践する能力を修得したと認められるものについて、修士の学位を授与します。博士後期課程においては、上記の分野での研究能力を高度の水準で達成することに加え、有為の人材を育成するための指導能力を修得することも基準として、博士の学位を授与します。