言語教育研究科 教育研究上の目的と基本方針

言語教育研究科
人材の育成に関する目的その他の教育研究上の目的

卓越した言語運用能力を持ち、かつ言語教育に関する高度の専門知識と指導技術・能力を身につけた職業人並びに研究者を養成する。

(1) 英語教育学専攻
卓越した英語運用能力を身につけ、英語教育に関する高度な専門知識と実践的な指導技術・能力を身につけた職業人並びに研究者を養成する。

(2) 日本語教育学専攻
日本語に関する高度な知識を有し、外国語としての日本語教育の高度な専門知識と実践的な指導技術・能力を身につけた職業人並びに研究者を養成する。

(3) 言語教育学専攻
英語及び日本語に関する高度な専門的知識を有し、外国語教育の卓越した専門知識と実践的かつ科学的な指導技術・能力と研究能力を身につけた言語教育分野の貢献できる専門的職業人並びに研究者を養成する。

言語教育研究科
修士・博士課程に関する3つの基本方針

入学者受け入れの方針[アドミッション・ポリシー]

言語教育研究科では、卓越した言語運用能力を持ち、かつ言語教育に関する高度の専門知識と指導技術・能力を身に付けた職業人ならびに研究者を養成します。
このため、優れたコミュニケーション能力と、科学的かつ実践的な言語教育能力を兼ね備えた言語のスペシャリストを目指す人で、多文化共生社会の実現に貢献する意欲のあるチャレンジ精神豊かな人材であり、かつ、専攻する言語を研究対象とするに足る語学力と、言語教育に関する基礎的な知識を有する人材を受け入れます。

(1) 英語教育学専攻(博士前期課程)
優れた英語コミュニケーション能力と、英語・英語教育に関する高度の知識と指導技術、および研究能力を身につけた、社会に貢献できる職業人を養成します。このため、英語・英語教育のスペシャリストを目指す人で、多文化共生社会の実現に貢献する意欲のあるチャレンジ精神豊かな人材であり、かつ、英語を研究対象とするに足る英語力と、英語学ならびに語学教育に関する基礎的な知識を有する人材を受け入れます。

(2)日本語教育学専攻(博士前期課程)
優れた日本語コミュニケーション能力と、日本語・日本語教育に関する高度の知識と指導技術、および研究能力を身につけた、社会に貢献できる職業人を養成します。このため、日本語・日本語教育のスペシャリストを目指す人で、多文化共生社会の実現に貢献する意欲のあるチャレンジ精神豊かな人材であり、かつ、日本語を研究対象とするに足る日本語力と、日本語学ならびに語学教育に関する基礎的な知識を有する人材を受け入れます。

(3)言語教育学専攻(博士後期課程)
卓越した言語運用能力を持ち、かつ言語教育に関する高度の専門知識と指導技術・能力を身につけた職業人ならびに研究者を養成します。このため、優れた言語運用能力、ならびに科学的かつ実践的な教授法と指導技術を身につけた言語のスペシャリストを目指す人で、多文化共生社会の実現に貢献する意欲のある人材であり、かつ、専攻する言語を研究対象とするに足る優れた語学能力、専攻分野における業績、さらに自ら研究計画を立て遂行する能力を有する人材を受け入れます。

教育課程編成・実施の方針[カリキュラム・ポリシー]

言語教育研究科は、多様化する世界の言語教育の現場に対応して指導的立場で活躍できる専門家を育成するため、最新の科学的かつ実践的な知識と、昭和52年に設立された外国語学部英米語学科の30年以上の伝統、また昭和36年に始まる拓殖大学の日本語教育50年の歴史に裏打ちされた経験を生かし、独自のカリキュラムを提供します。
博士前期課程においては、それぞれの専攻分野で実践的な言語教育のスペシャリストに必要な広い視野から科目を配置しています。そして、論文完成に向け、それを助ける様々な方策が講じられています。具体的には、それぞれ履修の要件を設けて、基礎的な専門分野を広く修得するとともに、専門分野においてはより深く修得できるようにしています。
さらに、指導教員による「特別演習」や、修士論文中間発表会における多くの教員の指導を通して、論文の質の向上を図っています。<br>
博士後期課程は、さらに専門性を高めるようにカリキュラムが構成されています。具体的には、より専門性の高い科目を用意し、それらは全ての分野で共通に履修することができます。また、種々の研究活動やきめ細かな論文指導などにより、博士論文完成へと段階的に導いていきます。

(1)英語教育学専攻(博士前期課程)
英語教育学専攻(博士前期課程)では、多様化する世界の英語教育の現場に対応して指導的立場で活躍できる専門家を育成するためのカリキュラムを提供します。このため、英語教育のスペシャリストに必要な、英語学系科目、英語教育学系科目、さらに英語コミュニケーション学系科目群を軸とし、情報リテラシーや他の外国語との対照研究などを配した、体系性のあるカリキュラムが構成されています。また、「特別演習」を設けて論文指導を行い、研究能力の育成を図っています。基礎的な専門知識を広く修得するとともに、専門分野においてはより深く修得できるようにしています。また、指導教員による「特別演習」や、修士論文中間発表会における多くの教員の指導を通して、論文の質の向上を図っています。

(2)日本語教育学専攻(博士前期課程)
日本語教育学専攻(博士前期課程)では、多様化する世界の日本語教育の現場に対応して指導的立場に立って活躍できる専門家を育成するためのカリキュラムを提供します。
このため、日本語教育のスペシャリストに必要な、日本語学系科目、日本語教育学系科目、さらに日本語の背景となる文化を学ぶ科目群を軸とし、情報リテラシーや他の外国語との対照研究などを配した、体系性のあるカリキュラムが構成されています。また、「特別演習」を設けて論文指導を行い、研究能力の育成を図っています。基礎的な専門知識を広く修得するとともに、専門分野においてはより深く修得できるようにしています。
また、指導教員による「特別演習」や、修士論文中間発表会における多くの教員の指導を通して、論文の質の向上を図っています。

(3)言語教育学専攻(博士後期課程)
言語教育学専攻(博士後期課程)では、言語教育のスペシャリストに相応しい専門知識を深める科目と、最終的な博士論文完成に向け、それを助ける論文指導や研究活動からカリキュラムが構成されています。このため、さらに専門性を高めるための科目が配置されています。また、博士論文完成へ向けて段階的に到達できるように、指導教授によるきめ細かな論文指導、種々の研究活動、外国語検定試験などから、カリキュラムが構成されています。<br>
また、数度にわたる公開の中間発表会、レフリーチェック付きの「拓殖大学言語教育研究」などへの論文発表、その他種々の研究活動、毎週行われる論文指導や、外国語検定試験、完成論文発表会などにより、博士論文完成へと導いていきます。

学位授与の方針[ディプロマ・ポリシー]

言語教育研究科は、英語や日本語などの言語とコミュニケーションに関する知識、ならびに実践的かつ科学的な外国語指導技術を身に付け、指導的な立場で活躍できるスペシャリストとしての教育能力と言語教育の分野に貢献できる研究能力を身に付けた学生に学位を授与します。
博士前期・後期それぞれ所定の条件を満たし、所定の手続きを経て、最終審査に合格することを条件とします。さらに指導的立場で活躍できるスペシャリストとしての教育能力と言語教育の分野に貢献できる研究能力を身に付けた学生に学位を授与します。
修士論文に関しては、研究計画書の提出、中間発表会、口頭試問などの計画的かつ継続的な指導を行っています。
博士論文に関しては、学位論文提出許可願いの提出→外国語検定試験1科目の合格→複数回の中間発表会→最終の完成論文発表会→選考会議による学位申請者の論文受理の可否決定→審査委員会の設置→論文目録等の提出書類と論文提出→論文審査→最終口頭試問による学力の確認を経て各委員会で審議のうえ、学位が授与されます。

(1)英語教育学専攻(博士前期課程)
英語教育学専攻(博士前期課程)では、英語に関する知識、ならびに実践的かつ科学的な外国語指導技術を身に付け、指導的な立場で活躍できるスペシャリストとしての教育能力と言語教育の分野に貢献できる研究能力を身に付けた学生に学位を授与します。具体的には、所定の年限以上在籍して、所定の授業科目について履修要件を満たしかつ30単位以上修得すること、および特別演習で研究指導を受けて修士論文を執筆し、中間発表を経て最終審査に合格することを条件とします。さらに、多様化する世界の英語教育の現場あるいは英語研究の場において、指導的立場で活躍していく能力を修習した学生に学位を授与します。
研究計画書の提出、中間発表会、口頭試問などの計画的かつ継続的な指導を行っています。

(2)日本語教育学専攻(博士前期課程)
日本語教育学専攻(博士前期課程)では、日本語に関する知識、ならびに実践的かつ科学的な外国語指導技術を身に付け、指導的な立場で活躍できるスペシャリストとしての教育能力と言語教育の分野に貢献できる研究能力を身に付けた学生に学位を授与します。具体的には、所定の年限以上在籍して、所定の授業科目について履修要件を満たしかつ30単位以上修得すること、および特別演習で研究指導を受けて修士論文を執筆し、中間発表を経て最終審査に合格することを条件とします。さらに、多様化する世界の日本語教育の現場あるいは日本語研究の場において、指導的立場で活躍していく能力を有するに到った学生に学位を授与します。研究計画書の提出、中間発表会、口頭試問などの計画的かつ継続的な指導を行っています。

(3)言語教育学専攻(博士後期課程)
言語教育学専攻(博士後期課程)では、英語や日本語などの言語とコミュニケーションに関する知識、ならびに実践的かつ科学的な外国語指導技術を身に付け、指導的な立場で活躍できるスペシャリストとしての教育能力と言語教育の分野に貢献できる研究能力を擁した学生に学位を授与します。所定の年限以上在籍して、所定の授業科目について履修要件を満たしかつ10単位以上修得すること、また、特別演習で研究指導を受けて博士論文を執筆し、中間発表を経て最終審査に合格すること、さらに、博士論文の他に、在籍中に一定の業績を有することを条件とします。言語教育ならびに言語研究の分野に貢献できる能力を有するにいたった学生に学位を授与します。博士論文に関しては、学位論文提出許可願いの提出→外国語検定試験1科目の合格→複数回の中間発表会→最終の完成論文発表会→選考会議による学位申請者の論文受理の可否決定→審査委員会の設置→論文目録等の提出書類と論文提出→論文審査→最終口頭試問による学力の確認を経て各委員会で審議のうえ、学位が授与されます。