eポートフォリオの活用

eポートフォリオを活用したキャリア力養成プログラム

学生の知識や学習習慣、学習意欲なども多様化し、就職に対する学生の目標もますます複雑化していく今日ですが、いつの時代でも変わらず社会に求められるのは、知識基盤社会を担う優れた人材です。拓殖大学では、こうした人材の育成をめざし、教育環境の充実を図るために「eポートフォリオを活用したキャリア力養成プログラム」を構築しています。この取り組みは、平成21年度の文部科学省「大学教育・学生支援推進事業」(学生支援推進プログラム)にも選定もされました。

このプログラムでは学生が将来の目標やキャリアプランを明確に持ち、その実現に向けて努力し達成する力を「キャリア力」とし、効果的にそれを養成・支援するために「e ポートフォリオシステム」を活用しています。学生は各々のキャリアプランをシステムに記録し、定期的に資格取得状況やキャリアプランの修正・管理ができます。学生は自分のスキルや知識をシステムで把握し、教職員は学生のキャリア形成に関する情報を共有して、個々の目標と現状を踏まえながら的確なアドバイスをしています。これにより充実した学生生活を送るとともに満足度の高い就職を実現しています。

929_e_portfolio_img_1.jpg

eポートフォリオシステムとは?

マイ履歴書によるキャリア力の深化

eポートフォリオを利用する学生は、マイ履歴書の自己アピール欄を作成する作業を通じて自身の大学生活で得た学びや自己の内面を振り返り、その内容を深めることができます。また、指導する教職員は学生のマイ履歴書を確認して良いところを褒め、必要なアドバイスをマイ履歴書のコメント機能や直接の指導によって行います。自己アピール欄の内容が認められ、アドバイスにより内容が充実していく過程を通じ、学生に自信をつけさせることができます。

929_e_portfolio_img_2.jpg

資格・目標管理によるキャリア力アップの状況管理

マイ履歴書に書くべきさまざまな活動・成果を学生と指導教員とで共有します。また、これから達成しようと思っている目標と達成に向けた活動状況を指導教員と共有します。目標達成のために教職員はコメントの入力や直接の指導で学生のモチベーションを高め、サポートすることができます。 卒業までに追加されたたくさんの目標は、学生の達成感を高めることでしょう。

929_e_portfolio_img_3.jpg

学生カルテによる指導情報の一元化

学生を指導するにあたって、学生の今の状況を正しく把握することは不可欠です。学生カルテにより、指導教員は学生を指導するための情報を一元的に参照することができます。

929_e_portfolio_img_4.jpg