日本語教師をめざす方へ

48年間の伝統と実績を持つ講座で経験豊富な講師陣が受講者の皆さんの熱意にお応えします

拓殖大学日本語教育研究所
所長 小林 孝郎

数多くの日本語教師養成講座の中から本講座に興味をもっていただきありがとうございます。

これからご紹介する「拓殖大学日本語教師養成講座」は、まだ日本語教師という職業が世の中に知られていない1969年(昭和44年)に開設されました。以来、本年をもって48年目を迎えました。本講座からは、これまでに多くの日本語教育の専門家が巣立ちました。その方々は、現在も、国内外各地の日本語教育機関で活躍されていらっしゃいます。
そしてこのことは、本講座が伝統と実績を誇る講座の一つであることの証となっています。

916_message_img_1.jpg

また、その中には本講座修了後に、さらに高度な専門知識を学ぶために大学院に進学し、実践と研究を深めて、やがて本講座の講師としてご協力をいただいている先生方もいらっしゃいます。 本講座は、さまざまな背景を持った受講生の方々が集っていらっしゃいます。どの方々もお互いに、時には切磋琢磨し、時には助け合いながらご自分の目標に向かって歩みを進めていらっしゃいます。私たちは、そうした受講生の方々の目標達成に向け、少しでもお手伝いができればと考えております。

また、本講座は、本年度より理論コースと実戦コースそれぞれを昼夜開講で対応して、全科目を1年で修了できる課程に衣替えをいたします。受講生のみなさまの集中的な学習と、時間の節減が実現できればと考えて、新たなコースデザインを策定いたしました。ご理解・ご協力をいただければ幸いです。

私たちの「日本語」は、今や日本人の母語であるだけではなく、言語としての成長に見合った世界的な普及の時代を迎えています。その実現のためには、多くの困難を携えながらも、永続的にこの事業を推進できるように、多くの方々が日本語教育の世界に加わってくださることを心からご期待申し上げ、ご挨拶に代えさせていただきたいと思います。

日本語教師養成講座 TOPへ戻る