交換留学 / 松本 若菜

日本語アシスタント体験談

プロフィール

松本 若菜 さん
外国語学部スペイン語学科 4年(出発当時)
2016年2月~2016年7月

留学先

スペイン/サラマンカ大学

期間

5ヶ月

交換留学 スペイン/サラマンカ大学

私が今回のプログラムを通して学んだことは2つあります。
1つは他人に何かを教える難しさ、もう1つは他人の知識レベルを知る大切さです。

私は月曜日と水曜日の学部生用の日本語の授業を担当していたのですが、 人数の差が激しく(月曜日の授業は東アジア学科の授業なので学生が30~40人いるのに対し、 水曜日は第二言語なので12、3人しかいませんでした)、授業をするのも大変でした。

また、私はスペインに来る前に日本語の教え方を勉強していなかったので、 「彼らに理解してもらうためにはどう説明すれば良いのか」が分かりませんでした。

そのため毎日日本語教育に関するホームページを見て授業の準備をしました。
日本語の文法に関しては先生方のほうがずっとよくご存じなので、私が授業をする時は話す、 書く、聞くことを通して先生方が説明した文法の演習を主に行っていました。

それぞれのクラスでレベルの違いがあり、学生同士でもレベルの差があるので、 他の先生が授業を行う時には私も授業に参加して学生達の様子や教え方をよく見ていました。

最初のうちは説明にスペイン語を使うこともありましたが、 先生方は学生達の日本語のレベルが基礎的でもできるだけ日本語で話してほしいと仰っていたので、 私は授業の間は基本的に普通の日本語で話し、彼らが質問してきた時には簡単な日本語を使って 説明するようになりました。教材は教科書以外にパワーポイントを使うこともあり、 瓜谷ゼミでのプレゼンが役に立ったと思います。

授業以外では、毎週木曜日に行われる日本語とスペイン語の言語交流会にほぼ毎週参加して 現地の学生や別大学の日本人留学生と知り合いました。そこには私の授業を受けている学生も何人かいて、 授業中は好きに話す時間がなかったので、ここで趣味や家族のことなどについて話しました。
また、このプログラムに参加するにあたり、私には「人との関わり方を学ぶ」という目標がありました。

以前は全ての問題を一人で抱え込んでいましたが、サラマンカでは何か問題があった時、 先生方や同じプログラムに参加している平岡さんと話して助けてもらいました。

彼女達のおかげで、いつ助けを求めるべきかやどうやって支え合うのかを学ぶことができました。
私はこの5ヶ月、教師のように学生に授業を行い、相手一人一人を知ることの難しさと大切さを学びました。

これらはどんな仕事をするにも大切なことだと思います。
帰国後は就職活動をしなければなりませんが、この経験を通して、 スペイン語を使って働きたいと思うようになりました。良い仕事を見つけられるように頑張ります。

20161024spain02.jpg

ローマ橋からみる大聖堂

20161024spain03.jpg

城壁が有名なアビラの街


その他の海外研修体験レポート

長期研修プログラム 短期研修プログラム 個人研修奨学金 レポート一覧 771_longterm_report_thumb_4.jpg