長期研修プログラム / 鎌倉 茉美

人生で最も輝いていた7か月間

プロフィール

鎌倉 茉美 さん
外国語学部 英米語学科 3年
履正社高等学校 出身

留学先

イギリス/エクセター大学

期間

2017年8月19日~2018年3月26日

研修先の紹介

私はイギリス南西部に位置するエクセターという街に滞在しました。今回の参加メンバー全員が、それぞれのホームステイ先は学校から少し遠かったため、バスを利用して通学していました。その際、片道につき2台のバスを利用し、シティーセンターもしくはバスステーションでバスを乗り換えていました。シティーセンターには数々のお店が立ち並んでいます。しかし、イギリスでは、スーパーマーケットを除き、多くのお店は17時頃までしか営業していません。エクセター大学は、INTO BuildingやForumなどとキャンパスが分かれています。私はDuryard Houseで勉強しました。その建物の横には小さめの図書館があり、そこで昼食を取っていました。夏にはGeneral English、秋からはAcademic Englishというプログラムに参加しました。10月と1月からのタームがありましたが、後者の方は若干レベルが高く感じられました。クラスメイトの国籍が多様で、彼らは主に中国、タイ、カザフスタン、サウジアラビアから来ていました。

日常生活について

私のホストファミリーは4人家族で、2匹の猫もいました。今回、長期研修に参加することができた為、ハロウィンや新年などの行事を経験することが出来ました。クリスマスにはホストファミリーだけでなくその親戚も集まり、イギリスの伝統料理を堪能しました。週末にはロンドンやカーディフなどの大都市に小旅行しました。各地の城や博物館を見学したりすることでイギリスの歴史について学びました。中でも世界遺産であるストーンヘンジは神秘的で良かったです。学校が主催するスクールトリップはクラスメイトである中国やタイからの留学生と交流することが出来た良い機会でした。一般的にイギリス料理はあまり美味しくない印象がありますが、今回の留学生活で食生活に困る場面は特にありませんでした。伝統料理のフィッシュアンドチップスやブレックファースト、ハギスなどを食べました。また、帰国する前、ホストファミリーに日本食を振る舞いました。日々の生活が貴重な経験であり、とても良い思い出となりました。

研修を通して得たことと今後の学生生活への影響と進路について

私にとって、今回の研修は三度目の渡英でしたが、一番長い期間の滞在でした。勉学面に関して、プレゼンテーションする際のコツやリサーチペーパーの構造・書き方について学ぶことができました。この知識は就職活動や社会で働く際に役立つと思います。また、留学生活の序盤、自分の英語力に自信が持てない為、主にネイティブの人と会話することを躊躇ってしまう事も多々ありました。しかし、授業や日常生活を通じ、語彙や文法が間違っていても積極的に話しかけることの重要性を学びました。現地の先生方は、日本人が時間厳守で行動する文化をいつもほめてくれました。一方で彼らは、日本人はとてもシャイな性格の人が多いとも言っていました。今後、今回の経験を活かし、自分の英語力を高めたいと思います。さらに、海外にもっと日本の良い点を広める活動や日本人である私にしかできない仕事に携わりたいです。

クリスマスパーティー

クリスマスパーティー

ホストファミリーとの最終日

ホストファミリーとの最終日

その他の海外研修体験レポート

短期研修プログラム 交換留学 個人研修奨学金 レポート一覧 771_longterm_report_thumb_4.jpg