短期研修プログラム / 本谷 光

海外研修を経て得たもの

プロフィール

本谷 光 さん
商学部国際ビジネス学科 2年(出発当時)
埼玉県立春日部東高等学校出身

留学先

アメリカ/ポートランド州立大学

期間

2015年8月19日~9月13日

研修参加の動機について

私がこの海外研修プログラムに参加したのは、元々留学に興味があったことと、自分の英語力を実際に試せるいい機会だと思ったからです。拓大の海外研修プログラムには様々なものがありましたが、私はポートランドを希望しました。理由は海外に行くのは初めてで、まして飛行機に乗るのも初めてだったのでアメリカというとても有名な場所に行こうと思っていました。またアメリカは英語圏なので自身の英語力向上と本場の空気に触れ、今後に役立てるいい経験にしたいと思ったからです。

研修に行くおすすめの時期はあまり詳しくはないのでわかりませんが1年生の夏休みのうちに経験しておいた方がいいと思います。私は2年生の夏に研修に参加しました。しかし2年生の夏は大学生として一番有意義に過ごせる最後の夏だと思っています。3年生からはインターンやゼミなどでますます忙しくなることが予想でき、4年生からは就職活動がとても忙しくなってくると思います。なので、1年生の夏休みに行くことをお勧めします。

シアトル観光

シアトル観光

出発前に準備した方がいい事は、現地の情報をこまめにチェックすることや、飛行機に持ち込める量、大きさ、持っていってはいけないものを事前に調べておくことです。

特に現地の文化や日本では当たり前と思ってやっていることが現地ではいけないことかもしれないのである程度の知識をつけてから行った方がいいと思います。

拓大で履修した方がいいという科目は特にありませんが必修の英語や選択科目の英語の授業はしっかりと履修した方がいいと思います。また先生方も親身に相談に乗ってくれるのでわからないことや不安なことがあったなら先生方や国際課の方々に相談した方がいいと思います。

日常生活について

ポートランドの夕暮れ

ポートランドの夕暮れ

今回のポートランド留学では全員がホームステイでの約一か月間の滞在でした。私のホームステイ先ではとても自由な感じで、特に約束事は特にありませんでしたが、お子さんがいたので下の階に行くときにドアを開けて行くときは気を付けてと言われたことがあったので日本とアメリカの違いを初めて感じました。

生活をする上で注意しなければいけないことは、ホームステイ先のルールや文化に合わせることです。日本では当たり前にしていることでもいけないことだったり、失礼なことだったりするのでまずはホームステイ先の文化に合わせることです。

平日は授業がほとんどであまり時間がありませんが休日はホストファミリーと過ごしたりこの研修で知り合った仲間と買い物や観光に行ったり自由な時間が過ごせます。自分もよくホストファミリーに買い物や色々なところに連れて行ってもらいました。とても有意義な時間を過ごせると思います。

研修を通して得たことと今後の学生生活への影響と進路について

この研修を通して得たことは、違う文化に触れることの大切さともっと英語を頑張りたいという向上心です。多文化に触れることによって違った角度から物事を判断できるようになると思いました。またこの研修を経てもっと英語を頑張っていきたい、向上させたいという気持ちが強くなったと思います。元々将来は旅行関係の仕事に就きたいと思っていたのでこの研修がとてもいい経験になったととても実感しています。今回の留学で学んだ多くのことを活かし英語だけでなく第二言語もしっかりと自分の身に役立てられるよう頑張りたいと思いました。また就職活動についてもこの研修を思い出し、しっかりと自分が就きたい仕事に就ければなと思います。

その他の海外研修体験レポート

長期研修プログラム 交換留学 個人研修奨学金 レポート一覧 771_longterm_report_thumb_4.jpg