短期研修プログラム / 田中 勇気

カナダ短期研修

プロフィール

田中 勇気 さん
外国語学部 英米語学科 3年(出発当時)
東京都立大田桜台高等学校出身

留学先

カナダ/ランガラ・カレッジ

期間

2015年8月3日~2015年8月31日

日常生活について

私の場合、ホームステイ先では決められたルール等はなく、シャワー・洗濯機などは基本的に自由に使って良いということになっていました。しかし、例え自由であっても洗濯機やシャワーを使うときは、必ずファミリーにひとこと断ってから使うようにしていました。放課後は家族と食事や買い物に連れて行ってもらいました。右の写真は Ce Soir Noir Picnic(黒い夜のピクニック)というフランスの文化がルーツのピクニックです。ドレスコードである黒色の服を着て海辺の広場に集まりみんなで音楽を聴いたり踊ったりするというイベントでした。また、週末の小旅行では、サスペンションブリッジやナイトマーケット、メトロタウンなどたくさんのスポットに出かけました。下の写真は最後の小旅行で行ったビクトリア・アイランドです。ここは、島というよりも1つの国として成り立っている様でした。街並みは北米よりもヨーロッパに似ていて、カナダとは雰囲気がまるっきり違い、不思議な気分でした。

Ce Soir Noir Picnic

Ce Soir Noir Picnic

研修参加の動機について

ビクトリア島

ビクトリア島

私がカナダを研修先に選んだ理由は、アメリカの長期研修を逃した私にとって、カナダ英語がアメリカ英語に最も近かったからというのと、もうひとつは、研修先の中でカナダの自然が1番きれいだと思ったからです。実際に行ってみて、カナダの自然の美しさは想像を遥かに超えていました。山、川、湖、滝、海、空はどれも美しく澄んでいて、特に海で見た夕焼けは最高でした。研修に行くお勧めの時期としては、やはり夏場だと思います。日本とは違い湿気は無く、気温も低いので日中はほとんど汗をかかないし、夜は寒いくらいでした。また、晴れた日にはハイキングやピクニック、カヤックなどのアウトドアアクティビティなども楽しめるので、最高の夏を過ごせると思います。出発までにしておくことで一番大事だと思ったことは、ホストファミリーとの連絡です。予め連絡を取ることで、早い段階から打ち解けて一日でも多く一緒にいて楽しい時間を過ごせるし、後から、もっと仲良くなっておけばよかったなどの後悔はかなりもったいないと思います。

研修を通して得たことと今後の学生生活への影響と進路について

研修を通して、私は海外の友人がたくさん出来ました。また、もっとたくさん英語を学び、常に英語に触れていたいと心から思いました。これから、昼休みに語学サロンなどに通いネイティブとの交流を増やし、以前よりもより多くの英語に触れていこうと思います。また、これからの就職活動で、この短期研修での経験を活かしていきたいと思います。

その他の海外研修体験レポート

長期研修プログラム 交換留学 個人研修奨学金 レポート一覧 771_longterm_report_thumb_4.jpg