個人研修奨学金 / 工藤 政幸

2回目のタイ

プロフィール

工藤 政幸 さん
国際学部国際学科 3年(出発当時)
日本学園高等学校出身

留学先

タイ/ユニティ タイ ランゲージ スクール

期間

2015年8月2日~8月31日

志望動機について

私は1年次からタイ語を履修しており、また2年次には短期研修にも参加しました。その時の研修は団体で行ったこともあり、今回は1人でチャレンジしたいと思い、個人研修奨学金プログラムに志望しました。今回の目的は、語学力の向上はもちろん、私が小学生からずっと続けてきているサッカーのことについて情報を得ることでした。東南アジアではサッカーはとても人気があります。その中でもタイは自国リーグの盛り上がりが非常にあります。また日本人選手も数多く在籍しています。そこでなぜ多くの日本人選手が在籍するようになったか、リーグ自体の運営等についても興味を持ち、現地で調べたいと思い、今回のプログラムに志望し、チャンスを頂きました。

international-report-training-3_img_02.jpg

日常生活について

平日は午前中学校へ行き授業を受け、午後は基本的には自由に過ごしていました。観光地を訪れたり、食べ歩きなどもしました。もちろん勉強をする時間も作りました。ただ、できるだけ室内には留まらず、外にいる時間を多くしていました。土日はサッカーについての情報収集、観戦などもしました。タイでは1部~3部までリーグがありますが、全てのカテゴリーの試合を見ることができました。また日本人選手の代理人とお会いすることができ、そこで東南アジア、特にタイのサッカー情報をたくさん得ることができました。その他、拓大出身の先輩や先生とお会いし、食事をしに行ったりもしました。貴重なお話を聞くことができたので、お会いできたことにとても感謝しています。

研修を通して得たことと今後の学生生活への影響と進路について

international-report-training-3_img_03.jpg

課題研究を進めていく中で、様々な出会いや発見がありました。人もそうですが、多くの情報を集めることができました。これは自ら行動することで得た情報でもあります。今の時代はSNSなどで簡単に連絡が取れる、またコミュニティを広げることができます。ただ単に歩き回って行動するだけでなく、SNS等の便利な物も使いながら行動すれば、行動範囲が広くなります。全部が全部SNS等に頼るのは違いますが、生活に少し加えることにより新たな発見、結果が訪れると思いました。

その他の海外研修体験レポート

長期研修プログラム 短期研修プログラム 交換留学 レポート一覧 771_longterm_report_thumb_4.jpg