桂太郎塾 戸髙有基理事らが講演しました | 学生生活 | ニュース一覧 | 拓殖大学

桂太郎塾 戸髙有基理事らが講演しました

掲載日:2017年12月13日

桂太郎塾では毎週土曜日の午前中に学外講師による講義を行っています。

11月25日(土)は株式会社戸髙鉱業社代表取締役会長で本学の戸髙有基理事が「後藤新平とボーイスカウト」をテーマに講演しました。ボーイスカウト日本連盟理事でもある戸髙理事は地元・大分県を中心にボーイスカウト普及運動を展開し、青少年の健全育成に尽力しています。講演ではボーイスカウトの沿革、本学第3代学長でボーイスカウト日本連盟初代総長も務めた後藤新平の生涯を振り返り、公共奉仕に取り組むことの尊さについて学ぶことができました。

12月2日(土)は、かつて内閣府子ども・子育て本部で少子化対策担当の参事官を務めた内閣参事官の岡朋史講師が「日本の少子化問題」と題してお話しました。岡講師は日本における少子化の状況を出生数や合計特殊出生率の推移といった細かなデータに基づいて解説。「少子化問題を解決するには妊娠・出産に関する医学的、科学的な正しい知識を持つことが大切。その上で今後の人生設計(ライフプラン)を描いていってほしい」と述べました。

20171212taro_katsura01_director_todaka.JPG

戸髙理事

20171212taro_katsura02_prof_oka.JPG

岡講師