桂太郎塾 第10期生入塾事前研修が行われました | 学生生活 | ニュース一覧 | 拓殖大学

桂太郎塾 第10期生入塾事前研修が行われました

掲載日:2018年03月05日

3月2日(金)、府中市にあるセミナーハウス「クロス・ウェーブ府中」おいて、桂太郎塾第10期生を対象に入塾事前研修が行われました。 次年度は継続生を含め16名が第10期生として入塾します。

最初に「日本は外国人労働者の受け入れを拡大すべきか」テーマに集団討論を行いました。 新規生にとっては初めてのことでしたが、入念な事前準備を行った上で臨んだこともあり、活発に意見を戦わせていました。 途中、小倉克彦常務理事にもお越しいただき、集団討論後、コメントと激励を頂戴しました。

続いて森本敏総長・塾長が「緊迫する国際情勢と安倍外交」をテーマに講義。 11月に実施されるアメリカ中間選挙の行方、アメリカ大使館の移転に伴うイスラエルとパレスチナの緊張関係、ミャンマーで起こっているロヒンギャ問題と、揺れ動く国際政治・経済情勢について解説しました。 来年度の入塾式は4月7日(土)に行われます

20180305taro_kastura01_morimoto-socho.JPG

森本総長・塾長

20180305taro_kastura02_jyuku.JPG

メモを取る新規生

20180305taro_kastura03_group.JPG

グループごとに意見をまとめる

20180305taro_kastura04_debate.JPG

集団討論で意見発表