【就職支援プログラム】 4年生対象講座「就活を乗り越えるための心の整え方」 | 就職・キャリアNEWS | ニュース一覧 | 拓殖大学

【就職支援プログラム】 4年生対象講座「就活を乗り越えるための心の整え方」

掲載日:2017年06月23日

6月21日(水)、就職活動中の4年生を対象に標記講座を実施しました。講師に、一般社団法人能力開発向上フォーラム吉岡眞司氏を招き、 多くのトップアスリート達が能力開発トレーニングプログラムとして実践している大脳生理学と心理学に裏付けられた「SBTスーパーブレイントレーニング」の概要、そしてその理論に沿った『就活を乗り越えるために必要な"しなやかで折れない心"のつくり方』についてお話しいただきました。

~脳のメカニズムと機能から、私たちの"体調と思考"は"感情"の影響を強く受けるという特徴があります。
つまり、感情がネガティブな状態だと、身体にマイナスのホルモンが分泌されるため、体調は芳しくないマイナスな状態に、 さらに創造力、理解力、記憶力、集中力などの乏しいマイナス思考の状態になってしまうのです。だからこそ、感情をポジティブに保つことが大切なわけです。~

採用面接試験直前という場面で緊張が高まった時、選考の結果がうまく進まずに気持ちが落ち込んだ時、 どうすれば自分の感情をポジティブな状態に切り替えることができるのか、本講座では脳のメカニズムと機能について理解した後、 イメージトレーニングの練習を行いました。

日頃から物事のポジティブな一面を見出すトレーニングを重ねることで、ネガティブな感情をポジティブに切り替えやすくなります。 自らの行動で、思考をポジティブな状態にすることができるようになれば、発する言葉や行動だけでなく、 ひいては自分自身の人生もポジティブな方向に導けるのだ、ということを体験的に学ぶことができました。

20170623job_work_shop01.jpg

相手の「良いところ」を見つけて、伝えるトレーニング

20170623job_work_shop02.jpg

講師:一般社団法人能力開発向上フォーラム 吉岡眞司氏

講師からのメッセージ

"自分はこうありたい"という願望をもつからこそ、人は不安、コンプレックス、絶望等を感じるわけで、そうした思いを持つことは決して恥ずべきことではありません。
不安、コンプレックス、絶望等を乗り越えようとするなかで、人は弱い自分と強い自分の双方に向き合います。そして、そうした葛藤の経験が人の成長を促す大きな力になるわけです。
だからこそ、仮に不安、コンプレックス、絶望等に苛まれたとしてもマイナスなこととは考えず、"強い自分に変わるチャンスの到来だ、ありがたい!"と切り替えましょう。
そして、笑顔を絶やさずに、ときには冷静に、強気に、ワクワクしながら、自分がいま出来ることに集中し、全力でチャレンジして欲しいと思います。
そうすれば、この就活は、皆さんの人生を、豊かに、さらに輝かしく開花させる、成長の糧となるはずです。