【オープンカレッジ】海外事情研究所主催「国際講座」が開催されました | 公開講座NEWS | ニュース一覧 | 拓殖大学

【オープンカレッジ】海外事情研究所主催「国際講座」が開催されました

掲載日:2016年02月02日

海外事情研究所の「国際講座」平成27年度第14講「日本は中国とどうつきあうべきか」(富坂聡・海外事情研究所教授)が1月30日開催されました。
中国について、日本の中での報道や論評は立場の違いを超えて一面的なものが多いのですが、富坂教授は中国も一枚岩ではなく、 国際関係も含めて様々な要素の中で動いていることを分かりやすく説明、参加者の皆さんも興味深く聞いておられました。

次回第15講は本年度最後になります。2月13日、「今、そこにある危機と日本」というテーマです。
講師は当初予定から変更になり川上高司海外 事情研究所所長と私荒木のトークになります。
ぜひご参加下さい。(荒木和博)

国際講座

国際講座ページ

拓殖大学のオープンカレッジでは、海外事情研究所主催「国際講座」以外にも、本学の教学の理念に基づき、学術全般を広く社会に還元すべく、 皆様にご参加いただける講座を多数用意しています。
詳しくは拓殖大学ホームページ「公開講座」「公開講座」http://www.takushoku-u.ac.jp/extension/をご覧ください。

本学学生の受講も歓迎します。詳しくはオープンカレッジ課(文京キャンパス)まで問い合わせてください。

20160201open01.jpg 20160202open02.jpg 20160202open03.jpg