高大連携講座「高校生のためのアジアの言語と文化」-大学のキャンパスで学ぶ5日間のサマープログラム-が無事に終了しました | 公開講座NEWS | ニュース一覧 | 拓殖大学

高大連携講座「高校生のためのアジアの言語と文化」-大学のキャンパスで学ぶ5日間のサマープログラム-が無事に終了しました

掲載日:2017年08月10日

今年度の拓殖大学高大連携講座「高校生のためのアジアの言語と文化」が8月1日(火)~5日(土)まで開催されました。
受講生は、高校3年生が36名、2年生が4名、1年生が3名の計43名(うち女子15名)となり、毎日2言語ずつ2クラスで開講しました。

文化講座、食文化講座、言語講座で構成されたプログラムは、拓殖大学教員による各国の紹介から始まり、ランチタイムの食文化講座では、 見慣れない料理をドキドキしながら味わったり、言語講座では、拓殖大学の留学生アシスタントとのゲームや、民族衣装を着ての写真撮影など、盛り沢山の内容で、皆、大いに楽しんだ様子でした。

初日は、緊張でお互い会話もありませんでしたが、最終日の修了式では、達成感に溢れた笑顔で記念撮影ができました。
5日間にわたる拓殖大学ならではの本講座を通して、高校生の皆さんのアジアの国や地域についての学びが、 より深まったことを願ってやみません。

20170810open_asia_langage.jpg