【留学生別科】 平成28年度 留学生別科修了式を挙行 | 国際交流NEWS | ニュース一覧 | 拓殖大学

【留学生別科】 平成28年度 留学生別科修了式を挙行

掲載日:2017年03月24日

3月15日(水)、拓殖大学文京キャンパスE館 後藤新平・新渡戸稲造記念講堂にて、留学生別科修了式が厳かに行われました。
来年度から名称が変更されるため留学生別科での修了式は今回が最後となります。今年度の修了生は71名で次の進路に巣立っていきました。

修了生からの答辞

小林孝郎留学生別科長から、1年以上にわたる日本語、日本文化の知識を更に確かなものにするよう激励を込めた告辞、川名明夫学長からは、 本学の教育方針の根底にある「私欲を捨てて公に働く国際人の精神」を忘れずに、日本語を用いて母国と世界の架け橋になることを願った祝辞が述べられました。

式では、修了生総代のルーマニアのバリシ アルベルト ブランドンさんに修了証書が授与され、他修了生へ一人ずつ修了証書が授与されました。
修了生答辞は韓国出身の金 允進さんから学びを受けた先生方へのお礼と在学中の思い出。そして別科修了後しっかりと歩んでいく決心を力強く述べました。

20170324bekka01.jpg

修了生総代のルーマニアのバリシ アルベルト ブランドンさん

20170324bekka02.JPG

修了証書を授与する小林留学生別科長

20170324bekka03.jpg

告示を述べる
小林留学生別科長

20170324bekka04.jpg

祝辞を述べる
川名学長

20170324bekka05.jpg

修了生答辞を述べる金允進さん

20170324bekka06.jpg

集合写真