国際理解教育高大連携(留学生による交流授業)②【香港】 | 国際交流NEWS | ニュース一覧 | 拓殖大学

国際理解教育高大連携(留学生による交流授業)②【香港】

掲載日:2017年05月22日

5月19日(金)、今年度2回目の都立翔陽高校との交流授業が行われました。

本日より、本学の留学生による出身地紹介、高校生による日本文化紹介が始まりました。 この日は台湾・開南大学からの交換留学生(香港出身)が発表を行いました。始めに、香港の自然や地理に関する説明をしました。また、香港の高校生の生活やおいしそうな名物料理を紹介すると、高校生たちも興味津々の様子でした。発表の中では、広東語での簡単な会話を紹介するなど高校生にも分かりやすい丁寧な発表となりました。

続いて、高校生から駄菓子についての発表がありました。 高校生たちが自分たちで調べた人気ランキングを紹介すると、留学生たちも食べたことのある駄菓子を見つけて、楽しそうな様子でした。 また、あまり見かけたことのない駄菓子も紹介してもらい、留学生からは「いつか食べてみたい」、「どこに売っているのか」とコメントがあり、 和やかな雰囲気で発表は進みました。

最後にフリートークの時間を設け、班に分かれて自由に会話をしました。 7月に実施する「交流パーティー」で行うレクリエーションについて話し合い、留学生が子供の時に遊んでいたゲームを紹介すると高校生たちも熱心に聞き入り、 中にはその場で実践する班もあり、楽しい時間を過ごすことができた様子でした。

次回は中国からの留学生による出身地紹介と高校生による日本紹介を実施します。

20170522hong_kong01.jpg

発表をしてくれた交換留学生

20170522hong_kong02.jpg

楽しくお話しできました