2017年度マレーシアMJHEP大学説明会に参加しました | 国際交流NEWS | ニュース一覧 | 拓殖大学

2017年度マレーシアMJHEP大学説明会に参加しました

掲載日:2017年07月05日

5月21日(日)、マラ教育財団が運営するマレーシアの首都クアラルンプール郊外のMJII(MARA Japan Industrial Institute)ブラナンキャンパスにおいて、 MJHEP大学説明会が開催されました。
これは日本留学を希望する優秀なマレーシア人留学生を日本の大学に編入学させるプログラムの催しであり、 MJHEPの現地教育機関であるUniKL(クアラルンプール大学)に籍を置く2年次学生130名(平成30年度編入学予定)、1年次学生141名を対象にして、 本学を含め私立・国公立24大学が参加しました。

本学からは工学部情報工学科 佐々木 整教授、電子システム工学科 渡邊 修准教授、国際課石渡洋一担当課長が参加、 同教員が機械・通信・システム学系、情報・デザイン・メディア学系に分かれて編入学を希望する約70名の学生へ、編入学時の単位認定、時間割、各学科 のカリキュラムなどについて丹念に説明をしました。本学の工学部教員が学生に熱心に、丁寧に説明を行い、真剣な眼差しで学生は聞き入り、 積極的に質問のやりとりがなされました。 編入学試験は11月25日(土)、26日(日)にマレーシアで実施予定、来年4月からは多くの学生が本学へ編入学するよう期待します。

MJHEP:Malaysia Japan Higher Education Programマレーシア日本高等教育プログラム
産業の高度化が進むマレーシアの発展に貢献する人材育成を目的に、同国政府が日本の円借款資金で実施した留学生派遣事業 【HELP】(Higher Education Loan Fund Project:高等教育基金借款事業)の後継プログラムで、 HELPの教育システムを原形としたマレーシア政府資金による留学生派遣事業。(日本の大学の理工系学部編入留学生を派遣するために、 日本語を中心とした予備教育1年間+日本の大学カリキュラムに基づく工学系大学教育2年間をマレーシアで行い、日本の大学3年次に編入する。)

20170705malaysia01.jpg

大学説明会会場

20170705malaysia02.jpg

学生への編入学説明