「国家外国専家局・拓殖大学日本語教育研究会-友好交流30周年記念-」が開催されました。 | 国際交流NEWS | ニュース一覧 | 拓殖大学

「国家外国専家局・拓殖大学日本語教育研究会-友好交流30周年記念-」が開催されました。

掲載日:2017年09月21日

今年度は中国国家外国専家局と本学との友好交流30周年の記念すべき節目の年に当たります。その記念行事の一つとして、9月9日(土)、10日(日)の両日、中国2か所の大学で「国家外国専家局・拓殖大学日本語教育研究会-友好交流30周年記念-」が開催されました。

今回の取り組みは、中国国家外国専家局、各省外国専家局、江西農業大学および福建師範大学、各外国語学院のご協力により実現しました。
第1日目の9日(土)は、江西省南昌市の江西農業大学外国語学院で、第2日目の10日(日)は福建省福州市にある福建師範大学外国語学院にて開催され、本学外国語学部・大学院言語教育研究科の石川守、木村政康両教授が2日連続で講演をしました。講演のテーマは「日本語教育と統語論」(石川守教授)と「日本語音声指導法」(木村政康教授)でしたが、講演後の質疑応答でも、両教授のお話のたびに会場から拍手がわき上がりました。  

参加者は、現地の日本語教員、日本語学科の学生、大学院生、さらに外専局派遣の過年度研究生や本学言語教育研究科の卒業生を含み、両大学合わせて276名に上りました。いずれの大学でも参加者数が予想を大幅に上回り、友好交流30周年記念にふさわしい画期的な取り組みとなりました。

なお、今年11月28日(火)には同記念行事として、本学において「中国国家外国専家局・拓殖大学友好30周年記念交流会」の開催が予定されています。同時に、『中国国家外国専家局・拓殖大学友好交流30周年記念誌』(来年2月発行予定)の編集も進められています。

江西農業大学外国語学院会議室にて

20170921_01china_30.jpg

日本語教育と統語論(石川守教授)

20170921_02china_30.jpg

日本語音声指導法(木村政康教授)

20170921_03china_30.jpg

本学言語教育研究科卒業生との再会・記念撮影

福建師範大学外国語学院多目的ホールにて

20170921_04china_30.jpg

ご挨拶(石川守教授)

20170921_05china_30.jpg

日本語音声指導法(木村政康教授)

20170921_06china_30.jpg

国家外国専家局、福建師範大学の先生方との記念撮影