本学留学生と都立翔陽高校生との交流授業を開催 | 国際交流NEWS | ニュース一覧 | 拓殖大学

本学留学生と都立翔陽高校生との交流授業を開催

掲載日:2017年10月30日

10月27日、八王子国際キャンパスにて、今年度6回目となる本学留学生と都立翔陽高校生との交流授業が行われました。

この交換授業では本学留学生による母国紹介と高校生による日本文化紹介が行われており、今回はマレーシア留学生による母国の基礎情報、有名な観光地、現地で親しまれている家庭料理や日本と母国の違いから来日当初に苦労したことについて発表がありました。
留学生による発表では宗教に基づく生活習慣について具体例としてあげたことが高校生の興味関心を高め、高校生らは留学生がどんな日々を過ごしているのかをメモにとりながら聞く姿がみられました。
また、翔陽高校生より日本のポップカルチャーと題した発表がありました。現在、高校生の間で流行している書籍の紹介、SNSの使い方、休日の過ごし方や高校生ならではの言葉遣いが説明され、特に留学生達は言葉の使い方に驚いたようでした。
後期の交流授業を実施するにあたっては事前にお互いの興味関心があることについてアンケートを実施し、その結果を踏まえて臨んだことから、相互の交流をより一層深めることができたようです。後期には計5回の交流授業を行うこととしており、次回は11月14日(金)に実施予定です。

八王子国際課

20171030international.jpg

家庭料理の作り方を紹介する本学マレーシア留学生