中国大学生訪日団(スポーツ)一行が八王子国際キャンパスで本学野球部と交流しました | 国際交流NEWS | ニュース一覧 | 拓殖大学

中国大学生訪日団(スポーツ)一行が八王子国際キャンパスで本学野球部と交流しました

掲載日:2017年11月24日

外務省が推進する「日中植林・植樹国際連帯事業」の「日中青少年等交流事業」の一環として来日した中国大学生訪日団(スポーツ)のうち野球を愛好する一行34名が本学八王子国際キャンパスを訪問、野球部との交流やキャンパス見学を行いました。

今回、公益財団法人日中友好会館の協力で本学を訪問したのは、新聞媒体、情報・通信エンジニアリング、 テレビ放送技術などメディア分野の学科に力を入れている中国伝媒大学の野球部と本学の提携校であり学生交流、学術交流が盛んな北方工業大学の野球部2チームでした。特に北方工業大学野球部は中国国内で強豪校として知られています。

11月21日火曜日午後、一行を乗せたバスを最初に出迎えたのは最高の見頃となった八王子国際キャンパスの紅葉でした。 到着するやユニフォームに着替えた訪日団は本学野球部が待つ野球場へ移動。訪日団関係者、本学学生・教職員、そして北方工業大学からの交換留学生が観戦する中、 3チーム合同のウォーミングアップはまさに壮観で、この日の通訳を買って出てくれた本学野球部の台湾人留学生のサポートも必要としない程、見事にまとまっていました。

ウォーミングアップを終え、1チーム毎に本学野球部とグランドで交流し、空いた時間は本学中国語学科生有志がキャンパス内を案内、 学生400名が生活するカレッジハウス扶桑や恩賜記念館、学部棟を見学しました。 特に今回の訪日目的が「日中植林・植樹国際連帯事業」であるため、北方工業大学野球部の学生は本学100周年記念の際に各提携校関係者が植樹したうち同大学の記念樹の前で記念撮影を行っていました。

既に陽が陰ってしまったグランドでは3チームの学生がいつまでも別れを惜しみ、次の対戦を約束していました。

八王子国際課



3校の選手と観戦学生が一堂に会し記念撮影

20171122hachiouji_inter_baseball01.jpg



20171122hachiouji_inter_baseball02.jpg

北方工業大学謝監督と本学内田監督

20171122hachiouji_inter_baseball03.jpg

中国伝媒大学石監督と本学内田監督

20171122hachiouji_inter_baseball04.jpg

3校合同で練習がスタート

20171122hachiouji_inter_baseball05.jpg

紅葉真っ盛りの八王子国際キャンパス

20171122hachiouji_inter_baseball06.jpg

記念植樹の前で(北方工業大学野球部)

20171122hachiouji_inter_baseball07.jpg

再会を期して

20171122hachiouji_inter_baseball08.jpg
20171122hachiouji_inter_baseball09.jpg