『文科系学生のためのデータ分析とICT活用』森園子(拓殖大学政経学部教授)・二宮智子(大阪商業大学客員教授) 著 | 大学NEWS | ニュース一覧 | 拓殖大学

『文科系学生のためのデータ分析とICT活用』森園子(拓殖大学政経学部教授)・二宮智子(大阪商業大学客員教授) 著

掲載日:2015年05月07日

150507mori.jpg

変化が激しく先の見えない不確実な時代にあって、未来を切り開いていく力としてのデータ分析・解析能力が今、強く求められている。溢れるほどの情報・データから問題・課題を見出し、価値のあるデータを抽出する力、分析・解析し、意思決定する問題解決能力である。

このデータ分析・解析力は、特に、経済・ビジネス・社会分野等の文科系分野に強く求められる所である。本書は、特に文科系学部で学ぶ学生諸君を対象に構成され、第1部「実証分析の基礎と応用」で、記述統計を基礎とした実証分析や統計的手法について述べ、続く第2章「経済活動におけるデータ分析」では、各分野、特に経済・ビジネス分野において行われているデータ分析や数理的な手法・アイディアについて解説した。

経済・ビジネス活動における数理的な分析を重点的に捉え,ICTを活用した新しい視点の書である。

 

出版社 / 発行

共立出版株式会社/2015年2月25日発行

 

編著者

森園子政経学部教授森 園子(もり・そのこ)

・専門分野 コンピュータサイエンス 情報教育 データ分析
・立教大学大学院理学研究科数学専攻博士後期課程満期退学
・私立大学情報教育協会協会賞受賞、拓殖大学総長賞受賞(1999)
・数学教育学会理事、教育工学会、科学教育学会に所属
・主な著書に、『新編 新しい数学ⅠⅡⅢ』(共著 2001年1月 東京書籍 文部省検定済教科書) 、『模索されるe-ラ-ニング -事例と調査データにみる大学の未来-』(分担執筆 2005年5月 東信堂出版) 、 『大学生の知の情報ツールⅠ Word & PowerPoint 第2版』 (共立出版株式会社/2015年5月10日発行)、 『大学生の知の情報ツールⅡ Excel & 情報検索とGoogle活用 第2版』 (共立出版株式会社/2015年5月10日発行) など多数。