『提言 日米同盟を組み直す 東アジアリスクと安全保障改革』森本 敏(拓殖大学総長・元防衛大臣)共著 | 大学NEWS | ニュース一覧 | 拓殖大学

『提言 日米同盟を組み直す 東アジアリスクと安全保障改革』森本 敏(拓殖大学総長・元防衛大臣)共著

掲載日:2017年10月11日

提言 日米同盟を組み直す 東アジアリスクと安全保障改革

日本を代表する経済、軍備、インテリジェンス、サイバー安全保障などの研究者が一堂に会し、包括的かつ長期的な日米同盟の価値と課題が論じられた一冊。 日米同盟をより強固なものにするための具体的な取り組みについて、対アジア政策から防衛政策、経済政策に至るまで幅広く提言されています。 (2017年9月23日発売)

出版社

日本経済新聞出版社

発行日

2017年9月22日

著者

平成21年8月、初代防衛大臣補佐官(~平成21年9月)。
平成24年6月、第11代防衛大臣に就任、民間人初(~平成24年12月)。
平成27年10月、防衛大臣政策参与就任(~平成28年12月)。
平成28年3月、拓殖大学総長就任。
平成29年8月、防衛大臣政策参与再就任。