『自治はオーケストラ』高橋 力(拓殖大学地方政治研究所客員教授)著 | 大学NEWS | ニュース一覧 | 拓殖大学

『自治はオーケストラ』高橋 力(拓殖大学地方政治研究所客員教授)著

掲載日:2017年10月30日

自治はオーケストラ

まず、本著のタイトルの「自治はオーケストラ」は、 多様な意見を持つ住民をとりまとめる行政の首長等が、オーケストラの指揮者と通ずることに着目して名付けた。 内容は、本年、日本国憲法、地方自治法施行70年。先見の政治家と言われ、拓殖大学第三代学長を務めた後藤新平の生誕160年を記念し、憲法改正に対する考え方、地方自治の在り方を研究する論文や、地方紙の論壇等に投稿したもの 大学等の研究紀要のなかから、著者の論じたものを取り上げたものである。
第一章 日本国憲法と地方自治法の施行から70年。
第二章 後藤新平の自治の精神と生誕160年、第三章 新聞と社会、第四章 大学の研究紀要など で構成している。 改めて、憲法(改正はないが、制定当時と社会が大きく変わっている)、地方自治の変遷をたどると、世界が日本が大きく変わっている どのようにあればよいのか、ことに、三章新聞と社会では、地方をめぐる考える諸課題等について論じており、これからの憲法改正、自治の在り方を 考える一つの事例として議論の参考にしていただきたい。
※本書は、自費出版、非売品です。

出版社

あべ印刷株式会社

発行日

2017年9月30日

著者

1948(昭和23年)奥州市(旧水沢市)生まれ
1967(昭和42年)水沢市入庁(税務、企画、総務、財務、広域行政等に従事)
1973(昭和48年)富士短期大学経済学科通信教育部卒業
1978(昭和53年)岩手県庁総務部地方課派遣
2009(平成21年)奥州市定年退職
2009(平成21年)奥州市水沢地域交流館長
2012(平成24年)拓殖大学大学院地方政治行政研究科(地方行政)修士
2012(平成24年)奥州市立後藤新平記念館長(2017年3月退任
2015(平成27年)地方政治行政ガバナンス研究室(主催)
2016(平成28年)拓殖大学地方政治研究所客員教授 現在に至る