鉄道運行停止等の授業・学期試験の取り扱いについて

台風・大雨・大雪等の自然災害により鉄道の運行が停止した場合や、大震法にもとづく地震警戒宣言が発令される場合、当日の授業および定期試験の実施については下記の通り取り扱うことになりますのでお知らせいたします。

※休講になる場合は拓大ポータルでお知らせします。

拓大ポータル

鉄道運行停止時の授業・学期試験の取り扱い

対象事由

  • 台風・大雨・大雪その他自然災害によるものを対象とする。(事故・車両故障等は対象としない。)
  • 鉄道機関のストライキ
文京キャンパスの対応
対象路線 ◆ 東京メトロ 丸の内線
◆ JR山の手線
◆ JR中央線(高尾~東京間)
◆ 西武池袋線(池袋~飯能間) ・東武東上線(池袋~坂戸間)
のいずれか1路線の全区間または一部区間において
運行停止となった場合は下記の通りとする。
時間・対応策
  1. 始発から午前6時までの間に運行停止となり、
    午前6時を過ぎても運行しない場合は、午前中休講・午前中の試験延期。
  2. 始発から午前10時までの間に運行停止となり、
    午前10時を過ぎても運行しない場合は、終日休講・全試験延期。
その他
  1. 授業または試験開始後に運行停止となるような場合は、大学からの指示に従う。
八王子国際キャンパスの対応
対象路線 ◆ JR中央線(新宿~高尾間)
◆ 京王線(新宿~高尾間)
◆ JR横浜線
のいずれか1路線の全区間または一部区間において
運行停止となった場合は下記の通りとする。
時間・対応策
  1. 始発から午前6時までの間に運行停止となり、
    午前6時を過ぎても運行しない場合は、午前中休講・午前中の試験延期。
  2. 始発から午前10時までの間に運行停止となり、
    午前10時を過ぎても運行しない場合は、終日休講・全試験延期。
その他
  1. 授業または試験開始後に運行停止となるような場合は、大学からの指示に従う。

大震法に基づく警戒宣言が発せられた場合の授業・学期試験の対応

首都圏・東海地方を中心とする大規模な地震発生が予想され、大規模地震対策特別措置法(大震法)に基づく「警戒宣言」が発せられる場合の授業・学期試験の取り扱いは以下のとおりとする。

「警戒宣言」が発せられるのに先立ち「地震防災対策強化地域判定会」(以下「判定会」という)が招集された場合、ただちに全学休講および学期試験延期とする。

  • 「判定会」が招集されたことがテレビ等で報道された時点で全学休校(授業休講、学期試験延期等)とする。
  • 通学途中の場合は、ただちに帰宅するなど適切な行動をとる。
  • 大学にいる場合は、大学からの指示に従う。

「警戒宣言」が解除されたときや「判定会」が解散されたときの対応は、交通機関運行停止時の場合に準ずる。

以上の事由により休講及び試験延期となった場合、その後の措置については、別途大学よりポータルサイト(Takudai Portal)等で連絡します。

在学生の方