防火・防災の取組

516_disaster_measures_img_2.jpg
516_disaster_measures_img_1.jpg

学生の安全と一日でも早いキャンパスの復旧を図るために

拓殖大学では災害発生または地震警戒宣言が発令された場合の人命確保、被害軽減を図るためのマニュアルの作成をはじめとした取り組みを行っています。各キャンパスでの緊急地震速報を利用した緊急非常放送設備の設置の他、災害時の避難経路・場所の確保や食料の備蓄、また、定期的な避難訓練も欠かさず実施しています。

災害(地震)対応マニュアル[学生用] 防災マニュアル[教職員用]

防火・防災体制

緊急地震速報訓練・避難訓練・防火訓練・防災訓練の実施

緊急地震速報訓練は気象庁からの訓練報配信に伴い実施される訓練です。この他、キャンパスを所管する消防署の協力のもと、各種訓練を定期的に実施しています。

冊子 防災マニュアル[教職員用]の作成とホームページ掲載

本学では災害発生または地震警戒宣言が発令された場合、災害対策本部を設置し、教職員が災害対策班として人命確保と被害軽減に努めます。また、そのための対応マニュアルをホームページにて掲載しています。

冊子 災害(地震)対応マニュアル[学生用]の作成とホームページ掲載

災害(地震)対応マニュアルは本学キャンパス内外を問わず学生が災害に直面した場合の対応のマニュアルで、キャンパス内の避難場所の他、自身の身を守るための心構えが記載され、入学時には新入生に配布しています。

防災用品/食料品の備蓄

本学の防災用品・食料品の備蓄は各キャンパスでもっとも学生が集まっている際の人数を基準に、帰宅困難となった学生を3日間学内に収容することができるよう備蓄を進めています。備蓄は飲料水・食料の他、非常電源・トイレ洗浄水・汚水槽 等です。