工学部が目指す教師像

工学部では、「拓殖大学の教職課程における教員養成の理念と目的」(前掲)に重点を置きながら、学部独自の教育理念に基づき、次のような教師の養成を目指します。

1 教育に熱意と使命感を抱き、世界を視野に入れた多様な視点と心豊かな人間性をそなえた教師

工学部では、生徒に対する深い愛情や責任感を持ち、高い倫理観と社会常識を身に付け、温かい心で思いやる包容力を持つとともに、世界を視野に入れた多様な視点とコミュニケーション能力をもつ心豊かな教師の養成を目指します。

2 知識基盤社会に対応し、創造性と問題解決能力を育成できる専門性の高い教師

工学部では、知識基盤社会において必要とされる創造性や問題解決能力を育成できるよう、技術革新に対応した実践的・体験的な知識・技術、エネルギー・環境問題に対応した感性、技術者に必要な倫理観等を身に付けた高い専門性をもつ教師の養成を目指します。

3 ものづくりへの関心を高め、わかる授業、意欲が湧く授業を実践できる教師

工学部では、ものづくりや情報技術への関心を高め、わかる授業、意欲が湧く授業を実践できるよう、創意工夫を凝らした教材作成力、授業における豊かなコミュニケーション力、教育機器の適切な活用技術等を身に付けた指導力のある教師の養成を目指します。