拓殖大学の教職課程における教員養成の理念と目的

拓殖大学は「積極進取の気概とあらゆる民族から敬慕されるに値する教養と品格を具えた有為な人材の育成」という建学の精神のもとに、「開拓精神」「公共精神」「立志精神」の3つの精神を教育目標として掲げ、国際社会に貢献しうる人材を育成し、専門性を育む学部の学び、人間性を磨く課外活動など、学生が自らの個性を生かしながら成長できる教育に取り組んでいます。

本学の教職課程における教員養成の目標もこれと全く軌を一にしています。「開拓精神」を持って、国際社会に生きる一人の国民として「立志精神」を育み、主体的に行動し社会に貢献しうる公に生き、公に奉仕する「公共精神」を持った教員の輩出を目指しています。

専門的な知識を身に付け、生徒・保護者から信頼され尊敬される教員の養成、これこそが本学の教員養成の理念であり、使命であると考えます。

そのため、次のことに重きをおきながら、全学的な協力・指導体制の下、次代を担う生徒たちのため、実践的指導力の育成強化にあたります。

1 世界を視野に入れた多様な視点をもつ教員の養成

本学の第2代学監で「太平洋の橋とならん」の言で知られる新渡戸稲造が、国際理解と世界平和に尽力してきたことはよく知られています。国際化など社会の急速な進展のなかで、本学の教員養成においても国際社会に貢献しうる人材を育成し、世界との交流を主体的に実践する、世界を視野に入れた教員の養成を目指します。

2 教育に熱意と使命感を抱き、心豊かな人間性をそなえた教員の養成

生徒に対する深い愛情や責任感を持ち、教員としての高い倫理観と社会常識を身に付け、温かい心で思いやる包容力を持つとともに、豊かな教養や人と深くかかわることの出来るコミュニケーション能力をもつ心豊かな教員の養成を目指します。

3 教員に求められる高い専門性と高い指導力の養成

生徒のよさや潜在能力を引き出し伸ばすためには、学習指導、生活指導や学級指導における具体的かつ効果的な高い指導力が必要になります。そのために必要な専門的知識や技能の修得と実践的指導力の養成強化を目指します。