就職キャリアセンター

就職キャリアセンターは、拓殖大学の学生の就職活動及びキャリア形成に関する指導・支援について、総合的な計画を立案し推進することを目的としています。

ご挨拶

就職キャリアセンター長 鈴木 昭一(商学部教授) 兼任:副学長

拓殖大学では教学部門(教員)と事務部門(職員)からなる「就職キャリアセンター」を設置し、キャリア教育と就職支援活動を推進しています。関連機関としては、各学部就職委員会、インターンシップ実行委員会、eポートフォリオシステム実行委員会、社会人基礎力育成会議が設置され、初年次からのキャリア教育を推進するための体制を構築しています。

具体的には、教員が初年次教育として1年生の早い段階から進路を意識させ、ゼミ、研究室などで卒業するまでの期間親身になってキャリア教育を行うとともに、就職部においても同様に1年生から4年生まで就職ガイダンス、資格取得講座、実践的な支援プログラムを実施し、体系的な就職支援活動を行っています。就職ガイダンスを中心としたプログラムは、基礎から応用・実践まで、キャリアカウセラー資格を有した職員や企業の人事採用を経験したスタッフが担当しています。

適切な進路選択に関わる指導を実施するうえで重要なことは、その時代における経済状況や採用状況、学生気質に配慮しながら総合的に就職支援プログラムを組み立てることです。その為には、就職キャリアセンターを中心に教員と就職部の連携をより一層密にして、プログラムの質を高め、実践に近いプログラムの導入を図っていくことが必要であると考えています。就職キャリアセンターは、今後も精力的に取り組んでいきますので、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

就職キャリアセンター長

就職キャリアセンターの取り組み

就職支援体制

就職キャリアセンターの取り組み

組織図

就職活動及びキャリア形成の指導・支援を総合的に立案、推進する組織

組織図