出入国に関する水際対策強化に係る新たな措置について

掲載日:2021年03月10日

3月5日に日本政府により決定された「水際対策強化に係る新たな措置(9)」に於いて、更なる防疫強化措置が発表されました、これにより、海外渡航に係る航空便や搭乗者数の抑制などの措置が取られることとなります。

【水際対策強化に係る新たな措置(9)より一部抜粋】
◎検疫の適切な実施を確保するため、変異株流行国・地域からの航空便を始め、日本に到着する航空機の搭乗者数を抑制し、入国者数を管理する。
◎感染症危険情報レベル3対象国・地域については渡航中止勧告を出しているところであるが、特に変異株流行国・地域への短期渡航、とりわけ日本への帰国を前提とする短期渡航について、当分の間、中止するよう改めて強く要請する。

具体的な運用開始日については、現時点で明らかにされていませんが、海外への渡航のみならず、日本への帰国も一層制限されることとなる他、感染の拡大の可能性や現地の状況が悪化する可能性も十分に考えられますので、引き続き注意が必要です。

参考情報

厚生労働省「水際対策に係る新たな措置について」

外務省「新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について」

出入国在留管理庁「新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る上陸拒否等について」

外務省「新型コロナウイルス変異株流行国・地域への指定について」

国際部、学生部、学務部