「海外事情9・10月号」を発刊しました

掲載日:2021年09月15日

海外事情研究所は、本学の建学の精神に則り、広く内外の関係と呼応して、海外事情及び国際問題を調査研究し、もって学術の進歩と日本の国益、地域の共栄並びに世界の平和と発展に寄与することを目的とし、『海外事情』を隔月発行し、積極的に社会に広く還元する活動をしています。

画像

特集=911から20年、世界はどう変わったのか

  • 9・11から20年の米国 - 佐藤丙午
  • 混乱のアフガニスタンと地域情勢 - 髙橋博史
  • 公正さを軽視する世界の危うさ - 布施 広
  • 多極時代の「戦略的自立」を模索するEU - 渡邊啓貴
  • 9・11事件後のアフリカのイスラーム過激派 - 高橋雅英
  • 21世紀のASEAN安保協力 - 吉野文雄

    * *

  • 米中激突第二幕 - 川上高司
  • 軍事変革期における火器と防御施設 - 遠藤哲也

    * *
  • 【歴史人物クローズアップ】大野伴睦と義理人情(下) - 丹羽文生生

購入はこちらから
JOURNAL OF WORLD AFFAIRS 「海外事情」ご注文フォーム