日本語教育学専攻

カリキュラム基本構成図

643_japanese_img_1.jpg

修士論文テーマ(2016年度)

氏名指導教授論文タイトル
任 鐘斌 石川 守 可能表現と有対自動詞の用法について
池田 純 阿久津 智 二字漢語「適当」の変遷
―近代から現代にかけて―
ウリグムラ 小林 建彦 日本語・日本事情教育に見る文化的指標に関する研究
―日本の日本語学習機関における比較、検討を通して―
郝 宇 小林 孝郞 アニメによる文化・言語融合型日本語教育の実現可能性
―日本の日本語学習機関における比較、検討を通して―
NGUYEN LUONG 
THANH NHA
石川 守 日本語とベトナム語の可能表現に関する研究
―ベトナム人日本語学習者の可能表現の誤用を中心に―
権 宇琦 阿久津 智 二字漢語「注意」の意味変遷や品詞性に関する日中対照研究
―近現代を中心に―
高 墁菲 木村 政康 カタカナ語の音声生成に関する問題
―中国人日本語上・超級の学習者を中心に―
常 智利 小林 孝郞 自然な日本語会話に近づく会話授業
─中国の大学における日本語会話授業の現状と課題─
孫 向宇 小林 孝郎 大学間連携による留学生支援が短期留学生不安の軽減に果たす効果に関する考察
張 仕佳 小林 孝郞 日本語学習者動機づけの変化に関する研究
―中国人留学生を対象として―
杜 嘉云 遠藤 裕子 「切る」と「切れる」の意味分析
--認知意味論の観点から--
徳吉 敬介 木村 政康 無意味語を使用した日本語アクセントの研究
卜 静誼 石川 守 意向形「ショウ」の基本用法の考察
方 暁璇 遠藤 裕子 思考動詞「思う」について
-文末表現としての「思う」と「考える」-

履修単位と学位

643_japanese_img_2.jpg

社会人入試制度

社会人特別入試制度があります。現職教員や企業や官公庁などに在職する社会人、これから日本語教師をめざす一般の方などを対象にした「社会人特別選抜」で、小論文、口頭試問、書類審査によって総合的に合否を判定します。また、留学生には、留学生入試制度が設けられています。

博士前期課程授業科目と担当教員(2016年4月現在)

教育研究系列授業科目単位担当教員
言語学・日本語学 日本語学特論Ⅰ(文法・統語論Ⅰ) 2 石川 守 教授
日本語学特論Ⅱ(文法・統語論Ⅱ) 2 石川 守 教授
日本語学特論Ⅲ(語彙・意味論) 2 遠藤 裕子 教授
日本語学特論Ⅳ(音声学) 2 木村 政康 教授
日本語学特論Ⅴ(文字・表記) 2 阿久津 智 教授
日本語学特論Ⅵ(日本語史) 2 阿久津 智 教授
日本語学特論Ⅶ(コーパス日本語学) 2 山崎 誠 講師
日本語教育 日本語教育学特論 2 遠藤 裕子 教授
日本語教授法Ⅰ(理論) 2 石川 守 教授
日本語教授法Ⅱ(実習) 2 中村かおり 講師
日本語教育教材論 2 遠藤 裕子 教授
日本語教育評価法 2 近藤 真宣 教授
カウンセリング理論(異文化対応) 2 宮城 徹 講師
日本語運用能力特殊研究Ⅰ 2 小林 孝郎 教授
日本語運用能力特殊研究Ⅰ 2 山口 隆正 教授
日本語運用能力特殊研究Ⅱ 2 遠藤 裕子 教授
日本語運用能力特殊研究Ⅱ 2 阿久津 智 教授
音声指導法(理論と実践) 2 木村 政康 教授
日本文化・比較文化論 日本文化特論Ⅰ(言語文化論) 2 小林 孝郎 教授
日本文化特論Ⅱ(日本文化基層論) 2 小林 健彦 客員教授
比較文化論Ⅰ(日─欧米) 2 塩崎 智 教授
比較文化論Ⅱ(日─アジア) 2 王 敏 講師
異文化交流論Ⅰ(異文化間コミュニケーション) 2 池田 裕 講師
異文化交流論Ⅱ(国際理解教育) 2 宮城 徹 講師
特別演習(論文指導) 日本語学特別演習 - 指導教授全員
日本語教育学特別演習 -
日本文化・比較文化論特別演習 -
各分野共通(博士前期課程) 言語学特論(一般言語学) 2 平成29年度休講
音声学・音韻論特論 2 渡辺 勉 教授
言語情報処理研究(CALL研究) 2 見上 晃 教授
中国語学特論 2 浅井 澄民 准教授
中国語学特殊研究 2 平山 邦彦 教授
スペイン語学特論 2 瓜谷 望 教授
言語教育学特論(SLA 研究における統計処理) 2 保坂 芳男 教授

※必要な教育指導を受けた上、課程修了に必要な単位数は、30単位以上とする。