建学の精神・理念

< 建学の精神 >
積極進取の気概とあらゆる民族から敬慕されるに値する教養と品格を具えた有為な人材の育成

photo_school-motto_01.png

拓殖大学は1900(明治33)年、桂太郎公爵により台湾協会学校として台湾開発に貢献しうる人材の育成を目的に設立されました。

以来、一貫してこの建学の精神のもとに、多くの卒業生が世界各地で活躍する" 国際大学" のパイオニアとして大きな足跡を残してきました。そしていま、時代は進み、現代ではさらなる国際化、グローバル化を推進、政治・経済・文化のあらゆる活動が国の枠を超え、単なる国際交流ではない、異なる文化や生活様式の人々と共に生きること、つまり一つの地球上に共生する同じ人間としての共通意識の上に立った視点をもつ人材が必要とされています。

校歌にも謳われる「人種の色と地の境 我が立つ前に差別なし」。拓殖大学では、国内は勿論のことアジアへ世界へと羽ばたき、社会へ貢献できる真の国際人を育成していきます。

上図イラストは昭和32 年に竣工した講堂( 文京キャンパス旧H 館:茗荷谷ホール) のお祝いとして株式会社西武百貨店より寄贈された緞帳のデザインを復元したもので、同キャンパスの新校舎 E 館のホワイエにタペストリーとして掲げています。図柄は、本学が受け継いできた「海外雄飛」を具現化したもので、拓殖大学の建学の精神に基づいたデザインとなっています。