学部 教育方針・概要

拓殖大学は現在、文系4学部、理系1学部の5学部で構成されています。創立以来、力を注いできた国際教育の一環として、14カ国の外国語科目、長期留学や海外語学研修など国際社会を学ぶプログラムも充実しています、これらの教育を通して、真の国際人を育成することに取り組み続けています。

拓殖大学の教育目標と学士課程教育に関する3つの基本方針



学部・学科ごとの人材の育成に関する目的
その他の教育研究上の目的
学部・学科ごとの学士課程教育に関する
3つの基本方針

商学部

経営学科 / 国際ビジネス学科 / 会計学科

会計・経営・情報・流通・国際ビジネス等の商学における実学を身につけ、グローバル化の進むビジネス社会で活躍できる人材を育成します。


政経学部

法律政治学科 / 経済学科

法律・政治・経済の3 分野における基礎および専門知識を身につけ、国際的視野に立ち公共と民間の多様な領域で社会に貢献できる人材を育成します。


外国語学部

英語学科 / 中国語学科 / スペイン語学科

言語の仕組みや働きについての専門的知識を持ち、単に読み・書き・話し・聞くことができるだけでなく、言語に関わる幅広い分野において、知的コミュニケーションができる当該言語運用能力を修得させ、優れた語学の力と国際感覚を持ち、自国の言語、文化、社会をしっかり理解した上で、他国の文化を尊重し、相互理解に導く力を持った人を育てる。


国際学部

国際学科

諸外国の言語、文化、民族、政治経済システムを理解し、国際協力、国際経済、国際政治、国際文化、国際観光、農業総合、国際スポーツの7つの分野におけるグローバル化した社会の諸課題に取り組み、その解決に貢献できる人材を育成する。


工学部

機械システム工学科 / 電子システム工学科 / 情報工学科 / デザイン学科

工学に関する基礎から応用に至る「ものづくり」を重視した知識と技術能力を修得し、日本と国際社会の発展に貢献できる人材を育成します。