桂太郎塾 NHK報道局ディレクター安井浩一郎氏と 阿南惟正本学理事の講義が行われました | 学生生活NEWS | ニュース一覧 | 拓殖大学

桂太郎塾 NHK報道局ディレクター安井浩一郎氏と 阿南惟正本学理事の講義が行われました

掲載日:2017年07月05日

文京キャンパス国際教育会館F301教室において、桂太郎塾の講義が行われました。

6月3日(土)は「現代社会とジャーナリズム」と題し、NHK報道局社会番組部ディレクターの安井浩一郎講師が講演しました。
「NHKスペシャル」や「クローズアップ現代」といった数多くの報道番組の制作に係っている安井講師は「ディレクターの使命は社会における素朴な疑問を突き詰め、 そこから真実を掘り起こしていくこと。時に番組で取り上げた話題が社会を大きく動かす原動力になることもある」と述べ、 「人の話に一生懸命に耳を傾け、議論をすることで視野が広がっていく。1つの価値観に捉われず物事を多角的に見られるよう自分を磨いてほしい」と語りました。

7月1日(土)は新日本製鐡代表取締役副社長や公立大学法人北九州市立大学理事長を務めた本学の阿南惟正理事が「リーダーに求められるものとは何か」 をテーマに講演しました。阿南理事は「自分の座標を確認する。自らが置かれた立場だけでなく、日本という国が国際社会の中でどういうポジションにあるのかを 考えることが大切」と指摘。「リーダーには広い視野と高い視点を持つことが求められる」と述べました。

この他、6月19日(月)には昨年度の桂太郎塾に講師としてお越し下さった山本一太参議院議員からご招待いただき「政経セミナー&音楽ライブ」にも参加しました。
CDデビューするほどの音楽好きで知られる山本議員は自ら歌声を披露。 菅義偉官房長官、ジャーナリストの田原総一郎氏とのトークなど盛りだくさんの内容で会場は熱気に包まれました。

20170705katsura_taro01_prof-yasui.jpg

安井講師

20170705katsura_taro02_pres-anan.jpg

阿南理事