修了生の会「拓志の和」総会を開催しました | 学生生活NEWS | ニュース一覧 | 拓殖大学

修了生の会「拓志の和」総会を開催しました

掲載日:2017年11月22日

11月12日(土)、桂太郎塾第1期生~第8期生までの修了生と第9期生が一堂に会し、修了生の会「拓志の和」総会を開催しました。当日は海外から、そして全国から大勢の修了生が集まりました。 第1部は国際教育会館(F館)301教室にて、山田政通副学長が「世界の言語事情:2017年版」と題し記念講演を行いました。桂太郎塾では、これまで扱ってこなかったテーマ故、最後まで驚きの連続で、修了生からの質問が相次ぎました。

第2部はE館9階の展望ラウンジで懇親会が開かれました。校歌斉唱に続いて、森本敏総長・塾長、芦田誠副学長、山田副学長、野村明史海外事情研究所助手が挨拶し、第6期塾生代表・フェローで、わざわざ新潟県から上京してくれた髙橋江里佳さんの乾杯で懇談に移りました。 その様子は同窓会というよりも、まるで異業種交流会で、それぞれ名刺交換をしながら近況を報告し合い、旧友との楽しい一時を過ごしました。最後は第1期生で今年4月から本学国際学部講師として教鞭を執っている河口和範さんによる万歳三唱で幕を閉じました。

20171122katsura_taro01.jpg

山田副学長による記念講演

20171122katsura_taro02.jpg

森本総長・塾長

20171122katsura_taro03.jpg

芦田副学長

20171122katsura_taro04.jpg

会場の様子

20171122katsura_taro05.jpg

乾杯の発声

20171122katsura_taro06.jpg

全員で記念撮影