【オープンカレッジ】海外事情研究所主催「国際講座」が開催されました

掲載日:2015年06月01日

海外事情研究所の「国際講座」平成27年度第3講「日韓国交正常化半世紀の光と影」が5月30日行われました。日韓国交正常化からちょうど50 年になる今年、残念ながら日韓関係は決して良好とは言えません。講師の武貞秀士・特任教授はその現状と本質について詳しく語り、参加者の皆さんも 真剣に聞き入っていました。

150601_01open_01.JPG150601_01open_02.JPG150601_01open_03.JPG

拓殖大学のオープンカレッジでは、海外事情研究所主催「国際講座」以外にも、本学の教学の理念に基づき、学術全般を広く社会に還元すべく、皆様にご参加いただける講座を多数用意しています。詳しくは拓殖大学ホームページ「公開講座」http://www.takushoku-u.ac.jp/extension/ をご覧ください。

本学学生の受講も歓迎します。詳しくはオープンカレッジ課(文京キャンパス)まで問い合わせてください。