理工学総合研究所主催「飛行機は安全な乗り物か?~自動化の落とし穴と機長の危機管理~」が開催されました | 公開講座NEWS | ニュース一覧 | 拓殖大学

理工学総合研究所主催「飛行機は安全な乗り物か?~自動化の落とし穴と機長の危機管理~」が開催されました

掲載日:2017年12月20日

本学工学部の風間秀樹教授より、「飛行機は安全な乗り物か?~自動化の落とし穴と機長の危機管理~」のテーマで理工学総合研究所主催の公開講座が開催されました。
講演は、日本のパイロット事情に始まり自動化による事故の原因、リスクマネージメント、危機管理能力、TEM(Threat & Error Management)事故を未然に防ぐ考え方、 ボーイング社とエアバス社の人間中心設計に関する考え方などが解説されました。
これらの内容は、企業・教育・デザイン・医療など、職種を越えて応用できる知識となりました。

20171220open_rikouken01.jpg

理工学総合研究所 風間秀樹教授

20171220open_rikouken02.jpg

会場の様子