2017年度海外在住OB訪問研修帰国報告会を開催しました | 国際交流NEWS | ニュース一覧 | 拓殖大学

2017年度海外在住OB訪問研修帰国報告会を開催しました

掲載日:2017年10月02日

本学卒業生による親睦会組織である学友会による海外在住OB訪問研修が、今夏ヤンゴン、ジャカルタ、香港の3カ所にて実施されました。この研修は、学友会本部と各海外支部により、学生の渡航費や現地での滞在先が提供され、その土地で活躍しているOBの経営する会社や仕事先、家庭などを訪問する一方、現地の学生との交流も行うものです。4年前より香港と米国ロスにて開始され、今夏より新たに、ジャカルタとヤンゴンが加わりました。

9月29日(金)に開催された帰国報告会には、福田理事長、河田常務理事をはじめ、学友会より井上副会長、山田事務長、又、山田国際交流留学生センター長、久米井副センター長、派遣学生が所属する各学部長が参加しました。当日は、参加学生の授業履修の関係から、文京と八王子両キャンパスをテレビ会議システムで結び、2会場にて同時開催をしました。 それぞれ派遣先別に、全体報告と、各参加学生が、事前研修の段階で設定した個人研修テーマに沿って発表しました。参加学生は1・2年生限定でしたが、各人が、テーマを持って研修に参加したことで、それぞれの視点からの、深みのある研修報告となりました。  

また、参加学生全員が語学習得の重要性を実感し、人とのつながりの大切さ、向上心や人生を切り開く積極性・柔軟性・力強さなどを、先輩から学んだとの感想がありました。
学生による発表のあと、理事長以下、参加された各先生方より講評をいただき、1、2年生とは思えない立派な発表であったとのコメントをいただきました。参加学生達の、今後の更なる成長が楽しみです。 尚、海外在住OB訪問ロス研修については、来年2月27日より10日間で実施される予定で、今月より応募が開始されます。学部1年生が対象ですので、多くの学生の応募を期待しています。

国際部

20171002ob01.jpg

福田理事長と出席の方々

20171002ob02.jpg

テレビ会議で結んだ八王子分会場の様子

20171002ob03.jpg

学生による発表の様子(ジャカルタ)

20171002ob04.jpg

学生発表の様子(香港)