『インドネシア少年の抗日・対オランダ独立戦争』原作エドナ・キャロライン 原画トムディアン 訳者 井上治(本学政経学部長) | 大学NEWS | ニュース一覧 | 拓殖大学

『インドネシア少年の抗日・対オランダ独立戦争』原作エドナ・キャロライン 原画トムディアン 訳者 井上治(本学政経学部長)

掲載日:2017年09月05日

インドネシア少年の抗日・対オランダ独立戦争

インドネシアで出版されている歴史コミック『オオワシ部隊』(原題は、Komando Rajawali)の日本語訳です。 舞台は1944年から1949年までのジャワ島。 親日国といわれるインドネシアですが、本当のところインドネシアの人々は日本軍政時代をどう受け止めているのかを知るうえでも欠 かせぬ本だと思います。 このコミックは2014年に開催されたポップコン・アジア(Popcon Asia)で、歴史的背景と検証に基づいたコミック・シリーズ部門の最優秀賞に輝きました。

出版社

めこん

発行日

2017年8月刊

著者

1964年、東京生まれ。
1987年、拓殖大学政経学部政治学科卒業。
1992年、同大学院経済学研究科博士後期課程単位取得満期退学。社団法人国際情勢研究会研究員、ダルマプルサダ大学(インド ネシア)客員講師を経て、2003年、拓殖大学政経学部助教授。
2011年、拓殖大学政経学部教授。
【主な著作】
単著:『ペタ関連資料・日本人指導官の意識と行動・森本武志・ジャワ防衛義勇軍』(鳳書房、1995年) 編著:『ペタ関連資料・カプテン柳川留魂録・ジャワ防衛義勇軍・柳川宗成遺稿集』(鳳書房、2007年) 共著:「岩崎育夫編『新世代の東南アジア~政治・経済・社会の課題と新方向』(成文堂、2007年)、加納啓良監修『インドネ シア検定』(めこん、2010年)