会長挨拶

拓殖大学OB・OG教員会 会長 髙石 公一
(東京都立葛飾商業高等学校長 82期 商学部卒)

会員の皆さま、大学関係者におかれましては、日より当会の活動にご協力、ご支援をいただき誠にありがとうございます。

「拓殖大学OB・OG教員会」は、北は北海道から南は沖縄県まで全国各地で小・中・高等学校、特別支援学校、 教育行政その他広く教育関係機職に就いている者を会員として、 以前は各都道府県各地区独自のOB・OG教員会が組織され、研修や連携をしてきましたが、 さらに全国的な連携組織として発展拡充させようと、平成10年4月1日に「拓殖大学OB教員会」を発足させ、 その後「拓殖大学OB・OG教員会」と名称を改め、現在に至っています。会員数は約600名弱です。

主な活動内容は、会員相互の資質の向上と連携を図ること、および拓殖大学の発展に寄与する活動を行っています。

具体的には、7月に首都圏連絡会(東京・神奈川・千葉・茨城・栃木・静岡・山梨)を開催し、 大学から大学の現状や入試状況、教職課程の状況についての報告や講演会の実施、 各都県間での情報交換を行っています。そして、10月に総会を開催しています。 総会では、大学の現状や入試状況等の報告、質疑応答、意見交換を通して大学との連携を深めています。 総会後は、「教職課程履修学生の援助活動・交流」として、OB・OG教員4~5名に学生8名程で、 「教職業務について理解を深めてもらう」ことと「教育実習に向けて」についてディスカッションを行っています。 その後は、OB・OG教員と学生が一堂に会し、「学校現場報告」の研修をおこなっています。

会員の皆様には、是非、7月の首都圏連絡会、10月の総会にご参加くださいますようよろしくお願いします。