令和元年度 拓殖大学別科奨学生証書授与式(第2回)が行われました

掲載日:2019年11月28日

11月28日(木)、国際教育会館(F館)にて第2回奨学生証書授与式が行われ、5名の別科奨学生への証書が授与されました。

近藤真宣別科長から奨学生へ、「本日、拓殖大学別科奨学生として証書を授与した皆さんは、別科入学以来、勉学に励み、生活態度も優れていると認められたからです。この奨学金の目的は、将来、日本との国際交流、親善に寄与するよう、今後更に日本語学習、日本文化の理解に励んでもらうことです。」とお祝いと激励の言葉が述べられました。

各奨学生からは、奨学金を糧に目標に向かい、学業に専念、国際交流に心がける旨の決意表明がありました。今後、各奨学生には指導教員が付き、目標に向かうよう指導がなされます。

拓殖大学別科奨学金制度

目的:成績・人物優秀で将来日本との交流・親善に寄与できる学生に対し、奨学金を支給し、学業に専念できるよう援助
対象:別科在学生
人数:8名(第1回(前期)3名、第2回(後期)5名)
奨学金額:15万円(一括支給)

画像

別科奨学生を激励する近藤真宣別科長

画像

証書授与式を終えての記念撮影