「海外事情7・8月号」を発刊しました

掲載日:2019年07月12日

海外事情研究所は、本学の建学の精神に則り、広く内外の関係と呼応して、海外事情及び国際問題を調査研究し、もって学術の進歩と日本の国益、地域の共栄並びに世界の平和と発展に寄与することを目的とし、『海外事情』を隔月発行し、積極的に社会に広く還元する活動をしています。

画像

特集=総力研究 米中激突 通信覇権はどちらが優勢か

所長インタビュー(1) 世界史の逆襲:シリアで起きている「戦争」  松本 太

  • サイバー地政学をめぐる米中の相克  大澤 淳
  • 5Gの普及をめぐる安全保障上の課題  齊藤孝祐
  • 輸出管理の変容  佐藤丙午
  • ファーウェイ問題に翻弄される日本  富坂 聰
  • ロシアのサイバー戦略  小泉 悠
  • サウジアラビア宇宙開発事業  野村明史
  • 5Gをめぐる「米中貿易戦争」の本質  澁谷 司

購入はこちらから
JOURNAL OF WORLD AFFAIRS 「海外事情」ご注文フォーム