「海外事情1・2月号」を発刊しました

掲載日:2020年01月10日

海外事情研究所は、本学の建学の精神に則り、広く内外の関係と呼応して、海外事情及び国際問題を調査研究し、もって学術の進歩と日本の国益、地域の共栄並びに世界の平和と発展に寄与することを目的とし、『海外事情』を隔月発行し、積極的に社会に広く還元する活動をしています。

画像

特集=時代の大転換期

  • 【理事長に聞く】日本の大学が直面する問題と変化 福田勝幸
  • AI(人工知能)がもたらす社会の変革 川名明夫
  • トランプ色に染まる世界 蟹瀬誠一
  • グローバル競争の中での日本と、「改革」気運の復活に向けて 藤原 豊
  • データと国際政治 佐藤丙午
  • 2020年、金正恩体制は何を目指すか 武貞秀士
  • アフリカにおけるインフラ開発の動向 徳永達己
  • 「宗教陰謀論」の展開と変容 小川寛大

* *

  • 市民的安全保障ノスゝメ 遠藤哲也

* *

  • 所長インタビュー(4)安倍外交とは何か 兼原信克

購入はこちらから
JOURNAL OF WORLD AFFAIRS 「海外事情」ご注文フォーム