「海外事情1・2月号(拓殖大学創立120周年記念特集号)」を発刊しました

掲載日:2021年01月15日

海外事情研究所は、本学の建学の精神に則り、広く内外の関係と呼応して、海外事情及び国際問題を調査研究し、もって学術の進歩と日本の国益、地域の共栄並びに世界の平和と発展に寄与することを目的とし、『海外事情』を隔月発行し、積極的に社会に広く還元する活動をしています。

画像

【巻頭言】 逆境の中でこそ輝く拓殖大学の人材育成 福田勝幸

特集=拓殖大学の120年と世界

  • 拓殖大学創立120周年記念 安全保障総合シンポジウム詳録
    日米同盟再考-中曽根時代から安倍時代、そして将来- 藤崎一郎・松川るい・森本敏・川上高司
  • 桂太郎とドイツ  田野武夫
  • 拓殖大学と二人の宰相  長谷部 茂
  • 【所長インタビュー特別版】 歴史の岐路に立った首脳たち 兼原信克・谷口智彦
  • 日米首脳関係と同盟発展  信田智人
  • 「ジョー・バイデンの米国」と日本の戦略環境 櫻田 淳
  • バイデン外交の理想と現実 杉田弘毅
  • 日本の社会的防御施設とその歴史的消長 遠藤哲也

  • 【歴史人物クローズアップ】蒋介石のなかの日本(中) 岩谷 將

購入はこちらから
JOURNAL OF WORLD AFFAIRS 「海外事情」ご注文フォーム