経済学研究科 教育研究上の目的と基本方針

経済学研究科
人材の育成に関する目的その他の教育研究上の目的

国際経済専攻

博士前期課程

国際経済の分野において根幹となる知識を身につけ、並びにグローバル化社会に必要な専門的知識と実践的即応力を備えた専門的職業人を養成する。

博士後期課程

国際経済の分野において専門的な知識を修得し、自立して研究活動を行う研究者を養成する。

経済学研究科
修士・博士課程に関する3つの基本方針

学位授与の方針[ディプロマ・ポリシー]

博士前期課程

1. 修了時までの到達目標
 経済学研究科国際経済専攻博士前期課程は、国際経済の分野において根幹となる知識を身につけ、ならびにグローバル社会に必要な専門的知識と実践的即応力を備えた専門的職業人を養成するため、十分な研究指導を行い、以下の到達目標(知識・技能・態度等)に達した者に対して修士(経済学)の学位を授与する。
(1)高度知識の修得
国際経済分野と周辺分野に関する高度な知識を修得し、その知識を活かして政府や企業における国際経済を中心とする問題を分析することにより、優れた研究や業務を行うことができる力を身につけている。
(2)専門力の修得
 国際経済は多くの専門分野に区別され、たとえば経済理論、財政、金融、貿易、国際関係、地域経済研究などであり、特定分野の知識を修得することにより、研究活動を行うに足り、グローバル社会で活躍するために必要とされる専門力を身につけている。
(3)問題解決力の修得
国際経済が直面する課題を多面的な視野から発見し、それに対して自ら進んで対応し、専門を中心とする知識を集約して新しい提案をすることができる実践的即応力を身につけている。
(4)言語力の修得
日本人学生は英語の言語知識と運用能力、留学生は日本語他の言語知識と運用能力を身につけている。修得した言語を正確に運用することにより、広く世界から情報を入手し、自らの知見を発信することができる力を身につけている。

2. 修了後の進路
  同課程の教育課程を修め、以上の到達目標に十分達したと認められた学位取得者は、政府や企業といった行政機関、研究機関、民間企業等の職業や活動の分野で、優れた能力を発揮することができる。さらに研究に対する基礎的能力を修得し、博士後期課程に進学する能力を有する。

博士後期課程

1. 修了時までの到達目標
 経済学研究科国際経済専攻博士後期課程は、国際経済の分野において専門的な知識を修得し、自立して研究活動を行う研究者を養成するため、十分な研究指導を行い、以下の到達目標(知識・技能・態度等)に達した者に対して博士(経済学)の学位を授与する。
(1)高度知識の修得
国際経済分野とその周辺分野に関する高度かつ幅広い知識を修得し、独創的な研究を可能にする基盤を身につけている。修得した知識を活かして優れた研究を行い、高度専門職の業務を展開することができる力を身につけている。
(2)専門力の修得
国際経済の専門分野において研究展開する自立した研究者となり、学会などの研究発表会及び紀要などの学術雑誌において研究成果を報告する専門力を修得している。
(3)問題解決力の修得
国際経済の専門分野における研究をさらに発展させる新たな研究分野を開拓し、独創的な研究を行うことができる課題設定力と問題解決力を修得している。

2.修了後の進路
 同課程の教育課程を修め、以上の到達目標に十分達したと認められた学位取得者は、大学教員、研究機関等高度専門職の職業や活動の分野で、優れた能力を発揮 することができる。

教育課程編成・実施の方針[カリキュラム・ポリシー]

博士前期課程

1. 教育課程の編成
 経済学研究科国際経済専攻博士前期課程の教育課程は、同課程の「修了認定・学位授与の方針」を踏まえ、以下の4点を重視し編成する。さらに、教育課程の編成にあたっては、順次性、体系性及びコースワークとリサーチワークを適切に組み合わせた教育に配慮する。
(1)高度知識の育成
高度知識の育成が可能となるように3系列(経済学、国際政治経済、地域経済)を設け、その下に科目を配置する。地域経済に関しては世界各地の多様性を理解することができる科目の編成を行う。さらに実際の社会での問題解決力を身につけるため実務科目を編成する。
(2)専門力の育成
理論構造の理解に基づいた研究方法を修得し、国際経済に関する修士論文の作成に必要とされる専門力を身につけるために、少人数かつ参加型の教育を行う。演習指導教員との相談により科目選択を行うことにより、体系的な専門力の育成を図る。
(3)問題解決力の育成
演習科目における修士論文の作成指導ほかにより、自らの問題意識をもとに研究課題を設定し、幅広く先行研究を吟味することにより適切な研究手法を選択し、これらに基づく独自性のある研究の展開を指導することにより問題解決力を育成する。
(4)言語力の修得
文章表現法などの語学科目、修士論文の作成指導を通じて言語力を修得させる。外国語文献研究などの専門科目において外国語文献を使用することにより、言語力の運用能力を育成する。

2. 学修成果の評価
 学修成果の評価については、予め、学生に各授業科目の到達目標、授業計画、予習・復習及び成績評価の方法等を明示したうえで、「修了認定・学位授与方針」に沿った学修過程を重視しつつ、成績評価基準に基づき厳格に行う。さらに、学位論文審査にあたっては、学位論文審査基準に基づき学位審査及び修了認定を厳格に行う。

博士後期課程

1. 教育課程の編成
 経済学研究科国際経済専攻博士後期課程の教育課程は、同課程の「修了認定・学位授与の方針」を踏まえ、以下の4点を重視し編成する。さらに、教育課程の編成にあたっては、順次性、体系性及びコースワークとリサーチワークを適切に組み合わせた教育に配慮する。
(1)高度知識の育成
広い見識、世界各地の多様性を理解し、自立した研究活動が行うことが可能となるように3系列(経済学、国際政治経済、地域経済)を設け、その下に科目を配置する教育課程編成を行う。
(2)専門力の育成
国際経済に関する博士論文の作成に必要な専門性を身につけるために、少人数かつ参加型の教育を行う。学術論文を作成させ、学会などの研究発表会及び紀要などの学術雑誌において報告させることにより専門力を育成する。
(3)問題解決力の育成
演習科目における指導教授による論文の作成指導他により、課題設定力と問題解決力を育成し、学位取得に向けた独創的な研究となるように導く。本研究科において研究発表会を開催し、複数教員による指導を通じて研究展開に幅広い視野を与える。

2.学修成果の評価
学修成果の評価については、予め、学生に各授業科目の到達目標、授業計画、予習・復習及び成績評価の方法等を明示したうえで、「修了認定・学位授与方針」に沿った学修過程を重視しつつ、成績評価基準に基づき厳格に行う。さらに、学位論文審査にあたっては、学位論文審査基準に基づき学位審査及び修了認定を厳格に行う。

入学者受け入れの方針[アドミッション・ポリシー]

博士前期課程

1.入学前に求められる能力、水準等
 経済学研究科国際経済専攻博士前期課程は、同課程の「修了認定・学位授与の方針」及び「教育課程編成・実施の方針」を踏まえ、国際経済の分野において根幹となる知識を身につけ、ならびにグローバル化社会に必要な専門的知識と実践的即応力を備えた専門的職業人を養成し、国内外の様々な分野で活躍する有為の人材を輩 出すことを目的とする。
 このため、同課程に入学を希望する場合、本研究科の目的及び研究分野に高い関心を持ち、さらに以下に該当するものとする。
(1)基礎的素養力
経済学、国際政治経済、地域経済といった研究分野に関する基礎的な知識を十分に理解し、修得していることが望ましい。
2)言語スキル
国際経済の研究においては英語文献を用いることが多いので、読解力を中心とする基礎的な英語力を修得していることが望ましい。講義と演習は日本語で行うので、留学生は日本語について基本的な言語能力を修得している必要がある。
(3)研究学修意欲
国際経済の特定分野の研究に関する問題意識を有しており、それらを研究展開していく研究学修の意欲にあふれていることが望ましい。

2.入学希望者に求められる能力、水準等の判定方法
 選抜試験は、人物ならびに目的意識とそれを実現しうる学修意欲と能力を審査するための面接・口頭試問に重きをおく推薦試験と、学力水準の審査に重点をおく一般試験との二つの方法により入学に求められる水準、能力等を判定する。前者においては、それまでに高等教育等で得た知識や体験、資格も審査の対象とする。また、選抜試験は一般、留学生及び社会人別を設け、実施する。

博士後期課程

1.入学前に求められる能力、水準等
 経済学研究科国際経済専攻博士後期課程は、同課程の「修了認定・学位授与の方針」及び「教育課程編成・実施の方針」を踏まえ、国際経済の分野において専門的な知識を修得し、自立して研究活動を行う研究者を養成し、国内外の様々な分野で活躍する有為の人材を輩出すことを目的とする。
 このため、同課程に入学を希望する場合、本研究科の目的及び研究分野に高い関心を持ち、さらに以下に該当するものとする。
(1)豊富な素養力
経済学、国際政治経済、地域経済といった研究分野に関する高度かつ豊富な知識を有し、それらを十分に理解し、修得していることが必要である。修士課程(博士前期課程)もしくは同等レベルの研究能力に基づいた学術論文を執筆済みであることが望ましい。
(2)言語スキル
国際経済の研究においては英語文献を用いることが多く、学会報告では英語を用いることがあるので十分な英語力を必要とする。さらに地域研究や国際関係などを専門分野とする場合には、研究対象国の言語を修得していることが望ましい。留学生は日本語について十分な言語能力を有する必要がある。
(3)研究学修意欲
国際経済の特定分野の研究に関する問題意識を有しており、それらを研究展開していく研究学修の意欲にあふれ、博士論文の作成と学位取得に向けて強い意志を有する必要がある。

2. 入学希望者に求められる能力、水準等の判定方法
選抜試験は、人物ならびに目的意識とそれを実現しうる学修意欲と能力を審査するための面接・口頭試問に重きをおく推薦試験と、学力水準の審査に重点をおく一 般試験との二つの方法により入学に求められる水準、能力等を判定する。前者においては、それまでに得た知識や体験、資格も審査の対象とする。また、選抜試験は一般、 留学生及び社会人別を設け、実施する。