国際経済専攻博士前期課程

修士論文テーマ(2021年度)

  • ビジネスモデルの視点からみた中国の宅配便業界の現状と今後
  • NetLiveShoppingにおける製品のコメントおよび売上について-中国の事例による
  • 中国と日本における中央銀行デジタル通貨の導入
  • 日本における少子化と家庭関係
  • 中国の教育格差が個人の所得格差に与える影響
  • コロナ禍での株高はバブルか
  • 来日中国人留学生の変容-21世紀の留学生の変遷
  • フォルクスワーゲンとトヨタの中国市場における発展戦略と競争関係について
  • 中米日3ヵ国の企業経営比較 -ガバナンスと企業文化を中心に-
  • 中国における環境税の導入可能性  ----炭素税を例として
  • 中国における物流業界の発展が地域経済への影響について
  • 長期経済発展におけるイノベーションの役割
  • 日越関係の研究:政府開発援助(ODA)、日・ベトナム経済連携協定(VJEPA)がベトナムに与えたこと
  • 第三者決済が銀行の収益性に与える影響
  • 日本の製品差別化されたビール需要
  • 中国経済の発展モデルの変化
    -リープフロッグ型発展とEV自動車の視点から-
  • サウジアラビアの経済改革 〜ビジョン2030と脱石油の可能性〜
  • 中国東北三省の自動車産業についての考察
    -日中米3か国のクラスターの比較の観点から-
  • 中国最低賃金制度が若者労働者の就労に与える影響
  • 中国の中小企業問題に関する考察
  • 日本における高年就労が若年採用に与える影響
    -高齢者雇用安定法改正がもたらす効果-
  • 医療用医薬品取引慣行が薬価への影響について
  • 中高年雇用が中国における銀行経営に与える影響
  • 日米貿易摩擦と中米貿易摩擦の比較の研究
  • 中国の遼寧省における農業貿易の経済分析
    --贏得食品有限会社を例とする
  • 多国籍企業の中国における直接投資する効果の研究
  • 中国の起業政策が大学卒業者の就業に与える影響

履修単位と学位

画像

博士前期課程授業科目と担当教員(2022年4月現在)

教育研究系列 授業科目 単位 担当教員
経済学 ミクロ経済学特論 4 岡崎 哲郎 教授
マクロ経済学特論 4 白石 浩介 教授
経済政策特論 4 大山 昌子 教授
財政学特論 4 休講(2022年度)
経済統計特論 4 休講(2022年度)
金融経済特論 4 高橋 正彦 客員教授
ゲーム理論特論 4 笠島 洋一 講師
日本経済史特論 4 休講(2022年度)
産業組織論特論 4 丹野 忠晋 教授
国際政治経済 国際経済特論 4 服部 哲也 教授
国際貿易特論 4 市川 哲郎 教授
国際金融特論 4 高橋 智彦 教授
経済発展特論 4 松井 謙一郎 教授
国際政治特論 4 阿部 松盛 教授
国際法特論 4 休講(2022年度)
国際関係特論 4 休講(2022年度)
現代日本経済特論 4 山本 尚史 教授
地域経済 中国経済特論 4 田中  修 客員教授
東南アジア経済特論 4 井上  治 教授
ロシア経済特論 4 日臺 健雄 講師
アメリカ経済特論 4 中島  醸 准教授
中東経済特論 4 立花  亨 教授
ヨーロッパ経済特論 4 休講(2022年度)
実務 多国籍企業論 2 氏家 佐江子 講師
資源・エネルギー政策 2 前田 智広 講師
人口論 2 休講(2022年度)
ファイナンス論 2 西山 賢吾 講師
サービス経済論 2 氏家 佐江子 講師
ベンチャー企業 2 森下  正 講師
情報科学論 2 森  園子 教授
データ分析論 2 森  園子 教授
外国語 外国文献研究 4 休講(2022年度)
文章表現法 4 倉田 芳弥 准教授

《注》
表中の●印の科目には、いずれも8単位の演習がセットされています。