政経学部が目指す教師像

政経学部では、「拓殖大学の教職課程における教員養成の理念と目的」(前掲)に重点を置きながら、学部独自の教育理念に基づいて、次のような教師の養成を目指します。

1 教育に熱意と使命感をもち、社会に貢献できる心豊かな教師

政経学部では、多様な地域言語の学びや地域研究などを通じて、世界に開かれた視野を身に付けるとともに、身近な地域社会の課題解決にも貢献できるグローバル人材の育成を行っています。そこで、生徒に対する深い愛情や責任感をもち、世界を視野に入れた多様な視点と、人と深くかかわることができるコミュニケーション能力をもった心豊かな教師の養成を目指します。

2 現代社会を広く深く考察し問題解決できる専門性の高い教師

政経学部では、法律、政治、経済の領域から現代社会に多角的・横断的にアプローチするとともに、環境・CSR問題の学びにも力を入れ、現代社会の諸課題を実践的に解決できる人材の育成を行っています。この特色を活かし、知識基盤社会おいて必要な幅広い知識、柔軟な思考力と、現代社会の諸課題を深く追究し解決できる能力を備えた専門性の高い社会科、地理歴史科、公民科の教師の養成を目指します。

3 情報リテラシーを身に付け、生徒を惹きつける授業を実践できる教師

政経学部では、情報リテラシーを身に付ける必修科目を通じて、情報倫理を含めた活用力を育成し、ゼミナールを通じてプレゼンテーション能力の向上に努めています。そこで、教育機器を積極的に活用して、現代社会の動向や諸課題に対する生徒の学習意欲を引き出し、潜在能力を伸ばせる実践的な指導力のある教師の養成を目指します。