産学連携研究センター

概要

産学連携研究センターは、企業や公共団体等外部機関と連携して、地域社会の発展と産業技術の振興に寄与することを目的とし、次の事業を行っています。

  1. 共同研究 企業などの外部機関の研究者と共同で、共通の課題について研究、開発ならびに評価測定を行います。
  2. 受託研究 企業などの外部機関から委託を受けて、研究、開発ならびに評価測定を行います。
  3. 技術支援 本学教員のもつ専門分野において、技術支援ならびに技術相談に対応します。
  4. 研究施設・設備の提供 研究施設ならびに研究設備を提供します。
  5. その他 産学連携研究センターの設立目的を達成するために必要な事業を行います。

産学連携研究センターの特徴の一つとして、さまざまな研究設備が挙げられます。これらは、高度な運用技術と測定ノウハウが必要です。本センターは、設備と人の両方を備えており、その実績は、社会から高い評価を得ています。

センター長挨拶

香川美仁(工学部教授)

産学連携研究センターは、本学と企業や公共団体等外部機関との連携を基盤に研究を推進することにより、地域社会の発展と産業技術の振興および発展に寄与することを目的としております。

世界のトップを走る超高齢化を迎える日本社会において、持続的な発展を遂げるためには、科学技術力の強化とその過程における持続的なイノベーション創出に力を入れていくことが必要不可欠です。このような中で、大学の社会貢献活動には、教育・研究の成果ならびにその資源を広く社会に還元することが求められていますが、産学連携研究センターでは、さまざまな研究設備とそれらの運用技術、ノウハウを備えており、これらの設備、技術、そして人材を産・官・学間で広く共有ながら、研究・開発の成果を生み出していくことが可能となっております。

産学連携研究センターが、本学の持つ「知」を、社会との連携により「価値」へと発展させていくキー部門として十分に役割を果たしていけるよう、持てるリソースを広く提供していくと共に、その過程において、持続的に技術のイノベーション創出を生み出していけるよう邁進してまいります。

学内外の関係各位のご協力とご支援を心よりお願い申し上げます。

summary-laboratory-crc_img_01.jpg

産学連携について

最先端技術を学び、研究する
産学連携のテストラボ開設

ご質問などがございましたら、renkei@ofc.takushoku-u.ac.jp宛に電子メールでご連絡いただけますようお願い申しあげます。