海外事情研究所

概要

海外事情研究所は、本学の建学の精神に則り、広く内外の関係と呼応して、海外事情及び国際問題を調査研究しもって学術の進歩と日本の国益、地域の共栄並びに世界の平和と発展に寄与することを目的とし、次の事業を行っています。

  1. 海外事情と国際問題の調査研究
  2. 月刊誌『海外事情』の発行
  3. 調査研究に基づく提言、報告及び文献等の発表ないし刊行
  4. 内外関係機関との交流、協力及び共同研究の受・委託
  5. 海外事情及び国際問題に関し、主として拓殖大学、拓殖大学北海道短期大学の学生に対する教育指導
  6. 研究会、講演会、講習会、シンポジウム及び公開講座等の開催
  7. その他、研究所の目的を達成するために必要な事業

『海外事情』を毎月発行し、公開講座「国際講座」を開講するなど積極的に社会に広く還元する活動をしています。

海外事情研究所長挨拶

川上 高司(海外事情研究所教授)

国際社会を展望すると冷戦後の国際秩序が構築されないまま混沌とした状況にあります。米国の相対的なパワーの低下と中国の台頭が世界情勢をさらに変化させているのみならず、途上地域諸国と主要国の関係にも注目すべきダイナミズムが見られます。グローバル化が進展する一方でテロやサイバー・宗教・民族といった問題が一層、世界情勢を複雑にしつつあります。国内を見ると、日本を取巻く国際関係の悪化に伴い、政治的な変化が見られるのが現実の姿です。

海外事情研究所はこうした国際社会の変化に対して、特に、地域研究をテーマにして学術研究を続けてきました。しかし、時代の変化と日本の置かれた安全保障環境を考慮して、最近では地域研究と安全保障研究をバランス良くすすめています。海外事情研究所はこうした各種研究を本学の教育に活用すると共に研究成果を主として「海外事情」(月刊)と、「年鑑 海外事情」の刊行でその成果を広く公表しております。又、内外の専門家や政策担当者との研究交流を進めるために各種の研究会・シンポジウムの開催や、諸外国の研究者・専門家との情報交換や共同プロジェクトに取組んでいます。

研究業務は永年にわたる経験と優れた識見がつみ重なり、初めて可能となります。当研究所は、人材育成・鍛錬に努め、その成果は内外で評価を受けていますが、今後とも精進し、この成果を一層発展させていきたいと考えています。

iws_jwa_img_1.jpg

海外事情研究所オリジナルサイト

拓殖大学海外事情研究所 台湾研究センター

華僑研究センター
※華僑研究センターは、平成26年3月末日をもって廃止となりました。

出版物

※ 『月刊 海外事情』のバックナンバーは研究支援課までお問い合わせください。

『月刊 海外事情』 (学内閲覧のみ)

2017年度

第66巻3・4号

第66巻2号

第66巻1号

第65巻11号

第65巻10号

第65巻9号

第65巻7・8号

第65巻6号

第65巻5号

第65巻4号

2016年度

第65巻3号

第65巻2号

第65巻1号

第64巻12号

第64巻11号

第64巻10号

第64巻9号

第64巻7・8号

第64巻6号

第64巻5号

第64巻4号

2015年度

第64巻3号

第64巻2号

第64巻1号

第63巻12号

第63巻11号

第63巻10号

第63巻9号

第63巻7・8号

第63巻6号

第63巻5号

第63巻4号

『海外事情』 2017年度 目次

2018年3・4月

2018年2月

2018年1月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年9月

2017年7月・8月

2017年6月

2017年5月

2017年4月

『海外事情』 2016年度 目次

2017年3月

2017年2月

2017年1月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年9月

2016年7・8月

2016年6月

2016年5月

2016年4月

『海外事情』 2015年度 目次

2016年3月

2016年2月

2016年1月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年9月

2015年7・8月

2015年6月

2015年5月

2015年4月

奨学論文・作品

公開講座

国際講座

ご質問などがございましたら、kaiken@ofc.takushoku-u.ac.jp宛に電子メールでご連絡いただけますようお願い申しあげます。